スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀にもトライアスロン参加を考えてみる

食事をつくる嫁に「トライアスロンに出てみようと思うんやけど」と話しかけると、「へぇ〜」とだけ他所を見ながら言われたとです(´・ω・`)


ある日、お客さんが会社に来られた時のこと、会社に私の自転車が置いてあるので自然と自転車の話に。

「おや、自転車始めたんですか?」

「ええ、ちょっと前なんですけどね」

「早いんですよね?こういう自転車は」

「いえ、まだそんなには…(´・ω・`)」

「遠くまで行けるんですよね?こういう自転車は」

「いえ、まだそんなには…(´・ω・`)」

「トライアスロンすればいいじゃないですか」

「ええ!?( ゚д゚)」

「伊良湖や常滑の大会に出ればいいじゃないですか?」

「いやいや、考えたことも無かったです。絶対無理ですし…(´・ω・`)」


そのお客さんのお客様でトライアスロンをされてる方がいて、いつも大会前にはぎゅんぎゅんに絞って精悍になるらしいです。

そのお客様にトライアスロン大会の話はよく聞かされているらしく、その人も少しはトライアスロンのことを知っている様でした。

その人が言うには、トライアスロンの一番の難関は自転車とスイムらしいです。

確かにまず転車は買わなければいけない。持っていなければ話は始まらない。しかし自転車はそんなに安いものじゃない。

でも、一応持っているから自転車競技はクリア。

「KTMさんは昔、水泳やっていたんですよね?」

そのお客さんは、私が小中高とスイマーだったのは知っています。

ということでスイムもクリア。

後はランだけですが、私が減量で15kg絞った時に、毎日3〜5kmぐらい走っていたのは知っているので、走れないことはないと言われました。

ランもクリア。


「じゃあ出れますね、トライアスロン」とお客さん。

「いやいやいや無理ですって、鉄人衣笠みたいな人が出るんでしょ?あれは。」と私。


そのお客さんが言うにはトライアスロンにもいくつか種類があって、そのお客さんのお客様が出ているのは結構なカテゴリーらしいのですが、短くて初心者向きのものもあるらしいです。

トライアスロンはその競技の特性上、どれかは苦手でも得意なもので勝負ができるし、スイムだけとか、マラソンだけといったそれぞれの競技だけのレースよりは負荷が分散されるので参加・チャレンジしやすいとのこと。

私の考えるトライアスロンは腕や脚に数字描いた人が、ヨダレたらしながら死にそうな顔でいろんなことする過酷な大会としか認識してません。


お客さんが帰られたあと、トライアスロンについて調べてみました。

トライアスロンにはいくつか種類があって、

「ショート・ディスタンス」または「オリンピック・ディスタンス」と呼ばれるものはスイム1.5km・バイク40km・ラン10km、合計51.5kmで争われるレース。

さらにその半分の「スプリントディスタンス」。さらにその半分の「スーパースプリント」があります。

また「ミドルディスタンス」はスイム2.5km・バイク80km・ラン20km。

その上に「ロングディスタンス」があり、頂点に「アイアンマンディスタンス」のスイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km、合計約226kmで競われるものがあるらしい。


ううむ。距離的には「オリンピック」や「スプリント」ぐらいなら出られるかもしれない…。

必要なものは、スイムで必要な、ゴーグルやスイムキャップなどのスイム用品。これは持っている。

バイクで必要な、ヘルメットやバイクシューズ、ビンディングペダルやボトルにサングラス。これも持っている。

トライアスロン用の自転車はないが、いまの安ロードでもいいらしい。

ランで必要な、ランニングシューズ。これも持っている。

後は、ウェットスーツが無い。でもこれだけ買えば出られるぞ?

おお?なんかその気になって来た!

取りあえず完走だけを考えるなら出場できるかもしれない!

近所で開催される大会を調べてみた。

愛知県トライアスロン協会なるものがあり、もう募集は終了しているものの、蒲郡オレンジトライアスロン大会、アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン 、2012トライアスロン伊良湖大会などいくつかありました。

ううむ、来年の出場に向けて頑張ってみようかな…。

以前、痩せるためにジョギングをしていたものの、最近は目標体重に達してからというものたまにしか走らなくなりました。

やっぱり目標があるとモチベーションが保ちやすいんですよね。

サイクリングも同様で、ヒルクライムの大会が盛況なのは、身近に大会があり、タイムが測りやすいことだと思います。

最近、ゴルフ熱も下がっていましたし、こういった目標設定は生活の中にあると張り合いもありそうです。

無謀な挑戦かもしれませんが、少しやってみよう。

まあ、やるとしてもエントリーは来年なのでそれまでモチベーションが保てればですが(笑)


↓いつも読んでいただきありがとうございます!応援クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【無謀にもトライアスロン参加を考えてみる】

食事をつくる嫁に「トライアスロンに出てみようと思うんやけど」と話しかけると、「へぇ〜」とだけ他所を見ながら言われたとです(´・ω・`)ある日、お客さんが会社に来られた時のこ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。