スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代限定 我が青春の自転車

5年生の息子に「スポーツバイク乗らないか?」と聞いたところ「ママチャリでいい」と返ってきた。

最近、街で見かけるカマハンのようなのでいいらしいです。

コシパンでカマハンの中高生を見ると、最近はあんな感じがかっこいいのかなぁ…とおじさんは悲しく思う。

街中に住んでいるからなのか自転車は完全に下駄であって、自転車にロマンがないと感じます。


私が若い頃はスーパーカーブームなるものがありました。1975年ぐらいのこと。

WolfCountach-11.jpg


池沢さとしの「サーキットの狼」あたりが発端となり、爆発的なブームが起きました。

ランボルギーニカウンタックやフェラーリ512BB、ポルシェ930ターボなど、特徴的でムダに素敵なスポーツカーが日本中に溢れました。

その当時、小6の頃に手に入れた自転車が、「ナショナルクリックFF WIDE32」でした。

ff.jpg


ナショナルの5段変速のスポーツ自転車です。当時の価格で5万円ぐらいだったような。

広告塔は若かりし頃の三浦友和さん。

「WIDE32」はオルターネート・スーパーワイドフリーが最大32Tに由来し、「FF」はフロントフリー機構のことで、フリー機構がリアハブ側ではなくクランクの付くBB側にあり、走行中は常にチェーンとスプロケが回っているので、ペダルを止めていても変速ができました。

クリックは、ギアチェンジの際に、カチカチッと何段に入っているか感覚的にわかる機構で、シマノが始めてだったような…うろ覚えです(笑)

リアはディスクブレーキ、テールランプもヘッドに連動して光りました。

5段変速とはいえ、子供自転車からの乗換えは素晴らしいもので、世界が狭くなった感覚さえありました。市内だけど(笑)

その頃、友人はリトラクタブルライト、いわゆるスーパーカーライト自転車に乗っていました。

fuji.jpg


今の若い衆には自転車がリトラクタブルライトでどうしたいのだ?と言われるが仕方ない。そんな時代だったのです。

友人のフジのスーパーカーライト自転車モンテカルロと、夕焼けの中、よく競争して帰りました。


当時でも高かったスポーツ自転車。その当時の風刺を反映させ、新機構を結集した高価な自転車に憧れ、毎日のようにカタログを見比べていました。

買ってもらった時は本当にうれしかった。大事に乗っていたと思います。

自転車が数千円で売られ、パンクをしたら買い替えるなんてとんでもない話を聞きます。

あの頃とはいろいろな状況も違いますが、自転車が大切な宝物だった時代がありました。

今も、これからも自転車を大切にしてゆきたいと思います。



話は変わりますが、私、親兄弟はおろか、ごく近い友人知人、嫁にでさえブログを書いていることを明かしていません。バレないように毎日書いています。

今日、打合せの際に単車でツーリングを趣味とされるお客さまと話していたところ、「そんなに自転車のこと好きならブログでも書いたら?」と言われました。

その方はブログも熱心にやられており、ツーリングに出かけてはキレイな風景と、現地の食事とともにツーリング日記を書かれています。

「そんなに出かける訳でもないですし書く事ないですよ」と言ってはおいたが、本当に出かけないので書く事がないです(笑)

よって今日も戯れ言になりました。いつも読んでいただきありがとうございます。
↓↓↓↓応援クリックお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。