スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ける伝説、世界の中野

私の中で「世界の」と付けて呼んでいい人は3人います。

私的、日本が生んだ世界の御三家。

一人目は世界の三船。もう一人は世界の青木。最後の一人は世界のワンちゃんこと王貞治ではなく、中野浩一氏だと思っています。異論は認めます。

王貞治はホームランの世界記録は持っていますが、あくまで国内での記録ではあるので、中野浩一氏が御三家の一人。

ちなみに新御三家は、私個人的に、世界の田村亮子、世界のイチロー、世界の吉田沙保里です。異論は認めます。

新御三家の選考基準は世界を相手に10連覇以上です。


皆さん、中野浩一さんは知っていますよね。

私の世代の人間にはアートネーチャーや「ニッポン全国、ポイ捨て、禁止ィィー!!」のCMが有名な陽気なメガネおじさんです。

電動アシスト自転車に乗ったお姉さんに、坂でちぎられる姿もご愛嬌!

しかし自転車界では超人の中野浩一氏は競輪選手としての記録もさることながら、1977年の世界自転車選手権優勝を皮切りに1987年まで10連覇。

こんな記録、誰にも真似はできません。

悲しいかな当時はTV放送もやらない事が多かったのですが、競輪好きの親父からは中野浩一の凄さはよく聞かされていました。

中野の捲りは凄いぞと。浩一ダッシュは風よりも速く、世界で闘える日本人は中野だけだぞ!と。

しかし、自転車競技は日本ではメジャーではなく、あくまで競輪を主とする公営競技ぐらい。

当時のスポーツはプロ野球一辺倒でした。

よく親父からは「将来、競輪選手になれ!稼げるぞ!」と言われていましたが、真逆のデザイナーになりました(笑)


以下、中野浩一伝説のコピペ

・欧州で旅客機に搭乗した時に、機長から直々にコックピットに招待。

・ヨーロッパのミシュラン三ツ星ホテルでさえ、顔パス。

・自転車競技のトップレベルのスター選手からサインをせがまれる。

・日本人の仲野さんが欧州の学校に留学し「ナカノです」と自己紹介すると、教室の生徒が「ナカノだ!」・・・と尊敬の眼差しで見られた。

・中野浩一と知った欧州人がその場で固まって動けなくなった。(本人談)

・「俺は○○地方のナカノだ!」・・・と言うオジサンが欧州には結構いる。

・ベルギーに観光に行った日本人がベルギー人に「グレートチャンピオンの国から来たんだね」と呼びかけられた。
・日本人が欧州に観光に出かけると「ナカノ?」・・・と呼びかけられることが多々あるらしい。ある日本人がイタリアを訪れ現地の人に「日本のどこから来たの?」と聞かれた。「渋谷です。」「ナカノ?」「いや中野じゃなくて渋谷!」「ナカノ?」「いやいや渋谷!」あとで聞いたら中野浩一のことだったそうな。

・欧州に留学していた日本人がメガネをかけて自転者に乗ったら沿道から「ナカノ!ナカノ!」の大合唱。

・欧州で現役時代、航空機のチケットが取れず困っていたら航空会社が即手配。

・自転車選手(ロード)の市川雅敏が、欧州で練習中に「おまえはナカノの弟か?」 と一般人のオジサンに聞かれる。

・中野浩一がフランスにツール・ド・フランスの取材に行ったときF1のサーキットを訪れレースの前の日に、サーキットでやる余興の自転車レースに参加、スタッフに負けてしまった。次の日の地元新聞の1面で「ナカノコウイチ、素人に負ける」と書かれた。

・サッカーのアレッサンドロ・デル・ピエロが来日時、中野と面会して感激で涙ぐんだらしい。

・1997年にヤン・ウルリッヒに解説者として中野浩一がインタビューしたとき、中野が「僕の名前知ってる?」と尋ねたら「貴方の名前を知らない自転車競技選手がこの世にいるのですか?」と答えたのは有名な話。

・ツール・ド・フランス5連覇を果たしたスペインの英雄ミゲル・インドゥラインが中野浩一のインタビューを受けたのだが緊張のあまり直立不動でカチコチに。

・中野がフジテレビの解説者としてツール・ド・フランスに行きその際にヴィラージュに中野が入っていくと、そこに居合わせる全員が椅子から立ち上がり敬意を表した。

・イタリアの名ロードレーススプリンターだったギド・ボンテンピは当初、ケイリン世界一を念願に置いていたが、1981年のブルノの世界選手権での中野の走りを見て、「ナカノには絶対に勝てない。ナカノが出ないロードレースならば勝つチャンスはある。」と言ってその後、ロードレースに専念するようになった。

などなど。

ヨーロッパでは「ムッシュ」という敬称で呼ばれており、今でも伝説的な存在。

こんな日本人、後にも先にも彼ぐらいでしょう。

今度、日本代表チームの強化委員長として、ロンドンオリンピックに乗り込みます。

競輪選手からは、中川誠一郎選手、渡邉一成選手、新田祐大選手の3選手が。

女子短距離スプリントには、鹿屋体育大学の前田佳代乃選手。

男子ロードレースには別府史之選手と新城幸也選手が!

今から楽しみでなりません。活躍を期待しています!!

自転車競技は日本ではまだまだマイナーなスポーツですが、これからも日本人が中野浩一氏のように欧州で活躍し、

メジャースポーツとして発展して行ってほしいと願ってやみません。


他のブロガーさんがせっせと走り、走行記録や楽しげなツーリング日記をアップする中、こんな戯れ言を書き続ける私は今日も子供の運動会で自転車に乗れず!!(つω;`)



↓↓↓↓ほかにもたくさんのロード乗り集結中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【生ける伝説、世界の中野】

私の中で「世界の」と付けて呼んでいい人は3人います。私的、日本が生んだ世界の御三家。一人目は世界の三船。もう一人は世界の青木。最後の一人は世界のワンちゃんこと王貞治では

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 佐藤さんこんにちは!初めまして!
中野さんは本当に凄いです!
私も小さい頃はピンとこなかったのですが
自転車を乗るようになってその凄さがわかりますw
YouTubeなどで紹介されている世界選手権を見ては感心していました
こんな日本人が今後も出て来てくれたらうれしですよね…
ありがとうございます!
プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。