スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイクは金がかかる

雨で夜練できない。

でも夜走ると怖いんだよな…。

前と後ろもう1灯づつ増やさないと走れないかも。

あんな蛍のような光では曳かれてしまう。


この間のちょい遠乗りでビンディングの必要が出たので考えてみる。
でも果して本当にビンディングペダルは走りに効果があるのか?
乗った事がないのでわからない。

ネットを検索すると確かに効果的だと皆が言っている。
もうビンディング無しでは考えられないぐらいに書いてある。

ただ。街の中を走るには怖いのかもしれない。
立ちゴケの恐怖もある。

両足がくっついているなんて恐怖の極みである。
スノボをやるので両足を縛られている一体感と転けたらどうにもならない感じはよく分かる。
要は慣れのようなことではあるのだろうけど…。

あと、通勤にも使うのでビンディングシューズではいろいろと不都合が多い。
探してみるとSPDペダルなるものがあるらしい。
SPD

MTB用だけど反対側は普通の靴でも履けるからこれはいろいろ捗る。
便利なものがあるもんだ。

SPDペダルには専用のビンディングシューズが必要なので購入する必要がある。

靴のネットショッピングは失敗が多いので近所のショップに行ってみる。

しかし靴はたくさんあるのだがどれも足が合わない。

実は私の足は左が少し幅広。
右は普通のサイズでもいいのだが、左は4Eぐらいの幅が必要である。
昔から左に合わせるとかなりでかい靴を履かねばならず苦労した。

サイクリングのシューズはどれも細い。
シマノ、マービック、スペシャ、様々なシューズを履いたもののどれも合わない。

そこで店長が出して来たのがSPD-SL用のシューズ達。
カスタムフィット ロードコンペティションシューズといい、オーブンで温めた後、履いたまま
布団の梱包に使うようなバキュームをすると足にぴったり合ってしまう優れもの。
マウンテンバイク用のものと違い、歩けない。
自転車に乗っている人だけに作られたシューズ。
ビンディングが靴底に出っ張っている為、スケート靴を履いて歩く様な感じ。

でもそれぞれ高い。どれも35,000円ぐらい。
予算は後、今月20,000円しかない。
それでもタバコは控えないといけないぐらい。
ビンディングも買うからとても無理。
でも足が合わない…。

もうビンディング化は諦めていたところ店長が首を傾げながら持って来たシューズが一足。
SHIMANO SH-R300 なんと42,540円。シマノのシューズの中でも最上級に位置する部類。

しかし、貼ってあるシールに驚いた

セール 15,000円。

買う。
それがこれ
R300

シルバーでカッコヨス。
ビンディングもSLで。
SL105


105にした。6,500円

少し予算に足が出たが、おトク感がハンパ無いので無理した。

会計の時に店長がコソコソと
「誰があの値札貼ったんだ?」と裏で言っていたのだがどうやら間違いだったらしい(笑)

早速、カスタムフィットしてもらう

まずはインソールを温め、インソールを入れた靴を履いて足裏の型を付ける。
その後オーブンで靴を120℃ぐらいで温め履く。熱い。

ビニール袋に靴のまま足を突っ込み目張り。

掃除機のようなマシンでバキュームを行う。

ギリギリ足が締まる。痛い。
我慢我慢。

両足で30分ぐらいで終了。
靴でこんなことしたのは初めてである。

冷えるときれいに固まった。
履いてみて驚いた!

もう靴って感じじゃない。靴下って感じ。
いびつな自分の足にぴったりである。
ちょっと感動した。

ビンディングも付けてもらう。
付けてい時、常連さんも居たのでビンディングで立ちゴケしたことないか聞いてみた。

ベテランさんもお店の人も数えきれないぐらい転けたらしい。

慣れればいいかと聞くと、クルマが突然出て来た時など咄嗟のときは転けるらしい。
最近も転けたそうな。

ますます不安になる。

車道側には絶対転んではだめと言われたが、その咄嗟のときは無理じゃないか?

クルマの来ない公園でしばらく練習したという常連さんのアドバイスをもらい、
不安のまま岐路につく。

普通の靴で。

シマノのSOD-SLペダルは少し立て幅があるので乗りにくいものの
普通の靴でも乗れないでも無い。
ただ滑るので注意は必要だが。

通勤はすぐ近くなので、普通の靴で通勤しよう。
会社は街中である。

SPD-SLビンディングシューズ。
帰ってからくっつけてみるとこんな感じである。
ぶら下がり靴

ぶら下がる(笑)

靴底もこんなん。
靴底
出っ張ってはる(笑)

みんなこんなんでどうやって歩くのだろう?
コンビニにも行けないではないのか?

コンビニが清掃中でワックスでも塗っていたら、それこそヘルメットが大活躍であろう。

嫁にペダルを見せると
ヘルメットを買うまでビンディングシューズ禁止と言われた…(´・ω・`)

元々、ヘルメットは買えとは言われていたが
ロードバイクの用品はいちいち高いので全部は一気に揃えられないのである。

しかしヘッドライトと同じで保護保全グッズは最初に必要な項目であろう。

というわけでヘルメットを買うまでは試乗もできないのである。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。