スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽量化なんかしても速くはならないよ?

以下は2ちゃんねるの自転車版で有名なコピペ。

---------------------------

「軽量化なんかしても速くはならないよ?」

重いより軽い方が、加速は良くなります。上りも速くなります
ここまでは当然です。
ただし、平地の巡航速度は変わりません。
人間が発生する「駆動力」と自転車の「走行抵抗」が釣り合ったところで速度が決まります。
足や心肺能力を鍛えれば「駆動力」は増えます
「走行抵抗」とは何かというと、「空気抵抗」と、「転がり抵抗」を足したモノです。
コレを減らせば巡航速度は上がります。
重さが増えると、「転がり抵抗」がほんの少しだけ増えます。
ただ、体重+自転車で70~80kg程度はあるわけで、
1kgや2kg減ったところで「転がり抵抗」にはほとんど影響ありません (加速や上りにはもの凄く影響しますが)
事実、デブでも脚力が有り、高いパーツを組んでいれば「平地なら」速いです。
また、レースに出て勝つ必要が無いなら。、速く走る必要は全くありません。
健康のために走るなら、むしろ重いほうが有利です
高い完成車に乗る必要は無いし、高いパーツに変える意味もありません。
しかも、下りは重いほうが速いです。

まとめます。
数十万円かけて2kg軽量化して、
重量以外は全く同じ条件だった場合、
アップダウンがある一般的なコースにおいて
100kmで100mの差がつくということが計算の結果わかりました。
1kmでたったの1mです。

また、アップダウンが全く無い、
あるいはブレーキングを必要としない程度のアップダウンの場合、
重量の差による速度の差というのは発生しません。
100g200gの差でどれくらい違うかもこれでわかるでしょう。
コストと効果をよく考えて、パーツを購入しましょう。
 
誕生から200年と言われる自転車史上、
軽量化することで速くなったという例は一度として無い。

軽量化することで誰が儲かって、
誰が無駄な金を使うのかを良く考えると
おのずと真理が見えてくる。

また、世の中のあらゆる機材スポーツにおいて
勝者に勝因を尋ね、

「機材の軽量化によって勝った。」

と、答えた例は一度として存在しない。
これは、軽量化しても速くはならない。
という証明に他ならない。

『HIGH-TECH Cycling』によると、
40㎞TTを
24㎞/h(15マイル/h)で 走行した場合、自転車の重量が+1㎏重くなると約5秒半のタイムロスになる。
32km/h(20マイル/h)の場合は約2秒、
40km/h(25マイル/h)の 場合は約1秒、
48km/h(30マイル/h)の場合は約0.7秒程度という具合に、
速度があがるほどタイムロスは少なくなる。

血の滲むような努力をして必死に軽量化して
40km走って、たったの0.7秒しか変わらないという
検証結果が出てしまいました
---------------------------
だそうですが、私はまだ初心者でもあるので、軽量化とスピードアップの因果関係はよくわかりません。

ただ、バイクは軽い方がいいと漠然とは思っておりました。

なにしろ自分はペダル無しで10kg近いアルミバイクに乗っており、軽いカーボンバイクには乗った事がありません。

もともとフレームだけで2kg以上あるもんですから、どれだけ軽量化しようと9kgを切るのがやっとだと思います。

この前、タイヤを軽いものに換えたのですが、乗り心地は良くなったと感じるものの、自分のバイクがたかだか数百グラムでは速くなるとは思っていません。

確かに、今日のジロの山岳ステージなんか見ていると軽いバイクの方が有利だと思いますが、

私のような貧脚が、軽いバイクに乗ったところで速くなれるとは考えにくいです。

なので、ひとまずバイクの軽量化はあきらめています。

でもいつかは軽いバイクを買って、さらに軽量化して楽しみたい夢は持っています。

ロードバイクの軽量化は、ある意味「様式美」だとも思っていますし、片手で高々と自分のバイクを持ち上げながら笑顔で記念撮影に臨みたいと考えております(笑)

まず、健脚で剛脚を目指すべく日々トレーニングすることと、自分自身の軽量化に着手。

最近では10kgのダイエット。ここ1年では15kgのダイエットに成功しました。

自転車のおかげでダイエットはできましたが、自転車に乗っているからダイエットできた訳ではありません。

あくまで、痩せたら自転車が楽になると思ったから始めた、食事制限と軽い運動のおかげです。

自転車だけで見ると、100km近く乗った日は、数kg痩せるのですが、ハンガーノックが恐いのと、帰ってからお腹が異様に空くのに身を任せ食べ過ぎるため、次の日体重が増えるぐらいです。

15kg減量というと凄いダイエットのように思えますが、様はムダに増えていた分だったので簡単に落とせたのだと思います。

痩せたから昔の体型に戻ったかというと、そこはさすがに45歳のおじさんです。

おじいちゃんのような体型になってしまい、ドライバーの飛距離も50yardほど落ちてしまいました(笑)

これからは体重を維持しつつ、筋力アップに励み、剛健脚を目指して行こうと思います。


↓痩せたのに家族に体型を笑われるお父さんに励ましのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも、うめ吉といいます。
私も47のオヤジで、3年ほど前から10kg程度のロードに乗っています。
といっても年間走行距離が2000km程度なので、乗っている方から見たら、ほんの自転車遊びレベルと思います。
ただ、並行してダンベルを使用した筋トレをしていますので、体脂肪率の低下とともに腕や肩の筋肉が浮き上がるようになりました。
自転車とゴルフ以外に使う時間と気力があれば、筋トレもお勧めです。

Re: No title

>うめ吉さんこんにちは!初めまして!
うめ吉というとど根性ガエルしか思い出せない世代です(笑)
筋トレは出っ腹を腹直筋と腹斜筋を鍛えることでなんとかしようと、コロコロと腹筋は続けているのですが、
ダンベルを使用したり、上半身を鍛えることはしていなかったですね!
やはり登坂とかには上半身も鍛えることは必要かも?
上半身ももっこりなんて考えるだけでかっこいい(笑)
これからダンベル買ってきます!
プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。