スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタマイズの行方

昨年、シマノのティアグラは4600系となりコンポも10速を採用。上位との互換性ができた。

現在、自分のアルミバイクにはティアグラの9速、4500系が付いている。

型落ちのコンポが付いていたからというのもあり、自分のインタマレイズはとても安く購入できた。

このティアグラというグレード、シマノのコンポーネントの中では4番目の位置づけとなっている。

レースで使うには物足りないが、ツーリングや街乗りには充分な性能がある。といった感じ。

正直、自分はティアグラコンポを使っていてなんの不満もない。

まあ、他の上位機種を使った事がないので比べようもないのだが、これはこれでシャキシャキ変速するし、スムーズに働く。

これで、高級ロードバイクを軽く抜きさる剛脚でも持っていれば気分もよかろうが、

入門用のアルミ完成車とのセットの貧脚だけに、併せての貧相感はいなめない。

街中やサイクリング先で、デュラエースで固めたフルカーボンの高級バイクに出会うと恥ずかしくなってしまう。

そんなこと気にするなと言われればそれまでなんだろうが、やっぱり上位機種は欲しい。見栄っ張りである。

いつかはクラウン世代でもあるし、バブル世代でもあるのでどうしても見栄を張る悪いくせがある。



ショップに一度上位機種に換装する相談をした事があるが、コンポはこのままで、その分の予算をホイールに回した方がいいと言われた。確かにそうだなと納得。

これでティアグラをアルテグラやデュラエースに換装したところで早く走れるわけではない。

ただ、シフトチェンジが早くなるだけである。

そりゃ、レースに出て数秒を争う場面に遭遇した場合、シフトチェンジの優位性はあるのかもしれないが、数秒の差である。

重量や耐久の問題もあるかもしれないが、自分のレベルでは気にする程ではない。

そんな考えの後、コンポはこのままで行こうと決めた。

上手にメンテナンスをして気持ちよく乗れればいい。


そうと決まればホイールにお金をかけたいのだが、それでもお金がないことには変わりがない。

少しずつでもお金を貯めるしかない。

それまでの間、小物色々買いたい病を抑えるのは難しいが、これぐらいの物欲は無いとストレスが溜る。

さあ、明日からゴールデンウィーク。

ここまでの走行予定はガタガタ。前半も雨模様。

少しぐらいは遠くへ行きたいな…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。