スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽量化、車体の

最近、自分の軽量化には夢中なのだが、インターマックスレイズの重量ってどれぐらいあるのだろう。

と、ふと思い立って車重を計ってみることに。

自転車を計るでっかい秤はないので、体重計を引っ張り出し、自転車を抱きかかえて自分と一緒に計ってみる。

10kg。

重〜〜〜い!!アハハハハ!!!ヾ(*゚∀゚*)ノ

笑い事ではない。

ママチャリじゃないんだから。MTBじゃなんだから。

10kgはさすがに重いだろう。

これで、インフレータやチューブ、猫目ライトなど装備品をつけて、70kgオーバーの自分が乗ったら90kg近くなるのではないのか?

90kgといったら四捨五入で100kgである。

100kgの荷物を100m上げるために必要な仕事量は10000kgm。

これは10kgの荷物を100個、4階(高さ10m)のビルに上げる仕事量に匹敵する。(ホントか?)

とんでもない事である。

ヒルクライムのためにダイエットは急務の案件だが、車両も10kgではいただけない。

早急に車両の軽量化も考えたい。

とは言ってもロードバイク世界では、「軽い=お金持」という摩訶不思議な図式が成立する。

普通、金でも宝石でも重い方が高いのだが、ロードバイクは軽くて丈夫な物が高価である。

ガタガタ言わず、100万円のフルカーボンロードを買えば、何もせずとも7kgのバイクは手に入る。

しかし、月3万円の小遣い親父には10万円のアルミロードでも精一杯だったのである。

負け惜しみの理論だが、7kgのバイクだろうが10kgのバイクだろうが、速く遠くへ走るために必要なのは高出力のエンジンだと思っている。

しかしながら、自転車に手を加えるのもロードバイクの楽しみのひとつである。

少しずつでもいいから、軽さにこだわって改造していきたいな。

10kgの完成車を8kg台にすることはできるか?

現在のホイールWH-R500をWH-6700にすると-541g

現在のコンポ、ティアグラ4500をアルテグラ6700にすると-406g

この他、タイヤとチューブ、ハンドルとステム、サドルとシートポストなど、かっこ良くしつつも軽量化ができれば

8kg台は難しくない。

ここで難しいのは金銭面の問題である。

金をかければ軽くなる。

それなら最初から軽いバイクを買えっちゅー話。

それができないから、お金をそんなにかけずに軽くして行こう。

極力お金をかけずに8kg台になった時、少しはロードバイクのことが解ってきているに違いない。

今日も、各種パーツメーカのカタログをありもしない予算を考えながら取り付ける想像をしている。

考えているだけで今日も楽しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。