スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルロードレース鑑賞

やっとケガの傷みも和らいできたが、痛い事には変わらない。

あれから自転車に乗っていない。

とても乗りたいが、春を迎え最高のサイクリングシーズン突入したにもかかわらず、ケガが悪化して棒に振るのも怖いのでもうちょっとだけ自重。

もう歳だから。

自分が無理をするとその後どんな結末を迎えるのかも想定できる。

まあケガの治りも遅いけど。

だから今日もウォーキングだけ。少しずつ慣らしておかないと。



自分は仕事中にテレビをつけている。

子どもではないのでテレビに夢中になって仕事が進まないということはない。

数ヶ月前まではゴルフチャンネルかゴルフネットワークを1日中流していた。

疲れきった時に横を向くと、美しいコースでゴルフをしている。

マスターズが開催されるマグノリアやTPCソーグラスなど美しいコースは多い。

こんなところでゴルフをしてみたいと悦に入る。

それがロードバイクに乗りはじめたらサイクルレースの番組を中心に見るようになった。

シーズンも始まったので、Jスポーツでいくつかのレースをやっている。

先週、ヘント~ウェヴェルヘムが終わり、次週はツール・デ・フランドル。

テレビで放送する意外にも、世界中でワールドツアーは行われているが、

何しろサイクルロードレースは一般的には不人気なため放送が少ない。

ゴルフネットワークなどのゴルフ専門チャンネルがあるのだから、自転車専門チャンネルがあってもいいのに。



自分はプロの試合を見るのが大好き。

野球やバスケ、F1や卓球や柔道でさえもスポーツ中継はことごとく見ている。

なぜかサッカーだけはあまり見ない。

嫌いではないのだが、あまりにも点が入らないので、見ていてもつまらない。

仕事に熱中している間に点が入るから必ず見逃す。

そりゃ守っている側もトッププロなんだから点はそうそう入らないのだが。

点の入らないサッカーだからからこそ、点を入れる為の組立てが重要なんであろう。

その仕組みみたいなのが理解できるとキット面白いんだろうな。

サイクルロードレースは最初から最後まで熱中して見ていられる。

美しい景色の中、美しいフォームで走り抜けるレーサー達をサイクルロードレース特有のユーモアある解説、実況陣が延々としゃべり続ける。

クラッシックの長いレースだと290km以上も走る。

そこを平均時速45km/hで走り続け、最後にスプリントする。

尋常ではない人たち。

ロードバイクに乗る前からツールとジロぐらいは見ていたが、バイクに乗ってからはその大変さが分かるので余計に面白く見ていられる。

アベ45km/hって凄い。

山岳ポイントで12%ぐらいの坂も登って、300km弱走ってからの平均時速45km/hである。

100kmをアベ25km/hで限界の自分ではドーピングをしたって絶対にたどり着けない領域である。



ゴルフをやっていると、極まれにだがバーディーを取れることがある。

こんなへたくそゴルファーでも、プロが必死になって取りに行くバーディがひとつでも取れることがあるのだ。

そりゃ300ヤードは飛ばせないが、10mのパットは入る事がある。

内容は違えど、プロと同じ事ができる瞬間があるのだ。

だからゴルフはやめられない。

ゴルフが地上波で放送され、競技人口が多いのもうなずける。



でもサイクルロードレーサーの真似は間違ってもできない。

だからプロチームのレプリカウェアを身にまとい、プロのような機材に高いお金をかける。

これでカベンディッシュやカンツェラーラに少しでも近づいた気分になるのかも。

それもロードバイクの楽しみ方のひとつ。

あの脚は手に入らずとも、金さえ積めばチームサクソバンクのバイクは手にできるのだ。

今日もショーケースの高価なトランペットを憧れのまなざしで見つめる黒人少年のように、高級自転車メーカーのサイトを眺め続ける私なのである。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。