スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆走はなぜ危ないの?

u_20120827052410.jpg

120826.jpg

昨日も暑かったですね。

昨日はソフトボールの試合だったのですが、あんな暑い日に野球するのは高校球児ぐらいです。

案の定、50代が一人、60代が一人、熱中症と思われる症状で途中退場していました。

暑い日も後もう少しで終わります。サイクリングも気をつけましょうね。


この間のこと、サイクリングをしている時、前方から来るクルマに思い切りクラクションを鳴らされました。

私は一歩通行を逆走するカタチで侵入してきたから鳴らされたと思われるのですが、そこの進入禁止標識は「自動車・原付」の補助標識がありますので、自転車は大丈夫なはずなのですが、クルマの運転手からみれば私は違反車両に見えるのでしょうね。

クラクションなんか鳴らして睨みつける運転手は家族連れのお父さん。ダメですよそんな顔してちゃ。


車道の自転車逆走に多く遭遇します。

今日もたまたまクルマで会社に行く用事があったのですが、いつもの通勤路、1.5kmほどしかない距離を移動するだけで、逆走の自転車が3台に遭遇しました。

その道路は歩道が狭いため、自分も含め自転車はよく車道を走っていますが、逆走は危ないです。

逆走は危ない。

逆走はなぜ危ないのでしょう?

逆走はなぜいけないのか?であれば「法律で禁止されているからだよ」と答えるところですが、「逆走はなぜ危険なの?」と、かわいい女の子につぶらな瞳で聞かれたら困るので考えてみます。

1.自転車の速度は意外と早いからぶつかると危険

逆走自転車も並走自転車も同じ車道の左側にいるので避けるのは同じことなんですが速度差がありますのでカウンターアタックになって被害が拡大するからかな?

自転車が時速20km、自動車が時速40km、30m先に自転車がいた場合、

順走の場合、すれ違うまでに5.4秒。
逆走の場合、すれ違うまでに1.8秒。

自転車が時速30km、自動車が時速60kmになると、

順走の場合、すれ違うまでに3.6秒。
逆走の場合、すれ違うまでに1.2秒。

だそうな。

これがカーブ途中だったらおそろしや。

2.こちらがクルマに乗っているとして、交差点通過の際に、左から交差点に侵入する自転車が右側通行だと発見が遅れる。

分かりにくいので図にするとこんな感じ?

1208262.jpg

見通しの悪い交差点で突然左側影から飛び出されたら避けようが無いですね。

考えても二つぐらいしか出て来ないなぁ。



でも基本的に逆走自転車に迷惑をかけられるのは、順走の自転車ですよね。

逆走自転車が来た時、順走側は右側に避けると怖いので、私は基本的には左に寄せて停車するようにしてます。

右に避けるのは駐車車両を避けるのと同じで後続車の安全が確保できた時ぐらい。

あんまり危険に巻き込まれたくないし、トラブルも嫌なので変なところで意地は張らないようにはしていますが、

自分が危険にさらされるのはいやですよね。


自分の子供には、自転車の左側通行は徹底させるようにしていますが、あいつら普段ちゃんと守っているのかな?

学校や警察などで、安全運転は徹底して指導していて欲しいですよね。


というところで思い立ったのですが、韓国や中国のクルマは右側通行なんですよ。

ということは韓国・中国の自転車は右側通行が基本になるのかな?

逆走自転車は在日の人たちって可能性もあるのかも?

う〜ん。どうなんでしょうか?


とにかく、ロードバイク乗りは自転車乗りの鑑たれ。

安全運転を心がけましょうね!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
応援してね!请大家支持!응원 해주세요!

グーグル先生、翻訳もお手のもの!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なぜ逆走するのか?

おはようございます。
カルタ二巡目も快調ですね。信号待ちのウィンドウ、ついつい目がいってしまいますよね(笑)
さて、なぜ危険かはお任せするとして、なぜ逆走するのか?白状すれば自分もママチャリ時代は逆走してました。人それぞれ理由があったり無かったりでしょうが、自分は車が怖かったから逆走していたのです。つまり、前から来る車を目で確認しながら走りたかったのです。人の数だけ理由はあると思いますが、安全のためにどう走るべきか、しっかり教え、考えないといけないですね。

Re: なぜ逆走するのか?

>ayuさんおはようございます!
私も昔は自転車の法規も知らず、傍若無人なライダーでした(笑)
おばちゃんの中には、人と自転車は右と教えられて育った方も多いそうでそれはもう仕方ないとも思います。
これから少しずつでもいいので子どもたちの内から浸透して行けばいいですね。

No title

こんにちは。

逆走はホント怖いですね^^;。特に夜間、無灯火だといきなり目の前に現れるのでかなりビビリますΣ(゚д゚;)。

でもママチャリから見ると、ママチャリ同志だと、お互いの速度が遅いので、逆走してもあまり大事故にならない。むしろ猛スピードで突っ込んでくるロードが危険な存在。という感覚だと思うので、逆走は無くならない。と悲観的に見ています^^;。

逆走困りますが、KTMさんのように意地を張らず、左に避けるくらいの余裕で対応するのが一番かと思います^^;。ホントは徹底して欲しいですけどね。
ではヽ(´▽`)/

Re: No title

>まっさんさんこんにちは!
ワニ肉凄いですね(笑)ちょっと楽しそうww

逆走は多いし、これからもきっと無くならないのでしょうね。
おそらく逆走が原因で事故っても、きっとそれが原因だとは気がつかないのかもしれません。
遅いママチャリと早いロードが事故ったら、きっと悪者になるのはロードでしょうしね。
だれか有名人が啓発してくれるといいのですけど…。

No title

ホント「あるあるカルタ」で笑っちゃいます!


Re: No title

>モリゾさんこんにちは!
ホント、そう言っていただけると嬉しいです!
ありがとう!
ところで大阪行ったん?

No title

初めまして。
いつも楽しく読ませてもらっています。
さて、「なぜ逆走自転車は危ないのか」に付いて、最近思った事ですが・・・

逆走自転車は、車のドライバーから見たら、突然目の前に現れるのです。
それも、危ない一因かと思います。
よほどの、田舎でない限り、自動車の前には前走車が居る場合が多いと思いますが、その前走車の右側から突然自転車が現れるのです。
想像しただけで恐ろしや。

No title

はじめまして、いつもいろいろ参考にさせてもらってます!!!
逆走もクラクションも自転車側からするとかなりの脅威ですね、暑い日なんかイラっとするけど自分も昔は同じ事をしてたかも....と反省しつつやり過ごしています^^;

No title

自分も高校生くらいの時、
さんざんクラクション鳴らされてたなぁ(^_^;)

Re: No title

>名無しさん!初めまして!
本当ですよね。突然前のクルマの右側から自転車が現れ、カウンターでこちらに向ってきた時はびっくりします。
クルマの運転の場合、大抵は前の前のクルマの挙動を見ながら運転しているのですが、逆走自転車は見ないことが多いです。恐ろしいですねえ。

Re: No title

>umitsukiさん初めまして!これ参考になりますか?(笑)

自転車に乗っていると実に弱者だなとよく感じます。生身の人間が40km/hで走る身体的な弱者っぷりもそうですが、クルマにも歩行者にも、他の自転車からも疎まれる弱者っぷりもハンパありません(笑)弱者であってもローディとしての尊厳を忘れないようお互い研鑽してまいりましょうね!
またちょくちょく覗いてください!私もおじゃまします!

Re: No title

トモロッチさんおはようございます!
私もジテツウだったので、中高の時は舐められっぱなしでしたね(笑)
まあそれだけ危険な運転もしていたのでしょうけど(笑)
若気の至りですね。

No title

はじめまして。普段、自転車のマナーやルールに関することを中心にブログ書いてます。

交差点やカーブでの死角以外に、路上駐車も危険です。セダンタイプなら良いのですが、ミニバンとかワゴンタイプだと、正規の左側通行の自転車や原付から逆走自転車が車の陰になって見えません。もし、逆走自転車が路上駐車を回避しようと車道側に出てきたら、その時はじめて逆走自転車に気づくこととなり、正面衝突の危険性があります。

子供に教えるときは、法律だから云々よりも「こういう場合で死角になって危ない」と教えるほうが良いと思います。

Re: No title

>さすらいのクラ吹きさん初めまして!
本当に危険ですね!さすらいのクラ吹きさんのブログで動画も見させていただきました。
ありがとうございます!子供には伝える事がいっぱいです。
ホント逆走自転車無くなりませんかねぇ…。
プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。