自転車の若い衆、轢いちゃいました…その1

ちょっと前、春前ぐらいの話なんですが、自転車の若い衆を轢いちゃいましてね。

なぜ、今になってちょっと前の話をするのかには理由があるのですが…。



以前は毎日のようにゴルフの練習場に通っていました。

会社からクルマで10分ほどの深夜までやっている練習場です。

まだまだ深夜は寒い夜でした。

その日も会社を深夜1時に出て、練習場に向いました。

会社から出て、すぐの交差点。

私の進行方向と交差する道路は長い坂があります。

その交差点の脇には、大きなビルがあり見通しが悪いのですが、信号に従っていればなんの問題もない場所です。

その交差点を青で通過しようとした時、事故は起こりました。

坂道を猛スピードで下って来た折りたたみミニベロの若い兄ちゃんが信号無視をして突っ込んできたのです。

ビル角から突然現れ、気がついた瞬間にはクルマの目の前です。

そりゃあもう驚きましたが、何をすることもできません。


img-531012319-0001.jpg


跳ねましたよ。

ノーブレーキで跳ね飛ばしましたとも。

ヘッドライトに照らされた、目がまんまるのお兄ちゃんの顔はいまでもよく憶えています。

人間、轢かれる瞬間はあんな顔をするのですね。

どんなに上手い俳優でもあの顔はできないでしょう。

私のクルマの側面を削りながら通過するミニベロ。

宙をキレイに舞う、お兄ちゃん。

後ろでドサりと音がします。

交差点の中央まで出た私はクルマを停止。

前から交差点に侵入して来ていた右折車も驚いていました。

バックミラーを見ると、街灯に照らされる中、兄ちゃんは倒れ、自転車はへしゃげ、見るに見かねる大惨事です!

とんでも無い事になったと思いました。


つづく。


↓↓↓↓ほかにもたくさんのロード乗り集結中!クリックで応援、お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

これで落とさないかもツールボックスの蓋

私、ツールボックスの蓋をすぐ無くします。

気がつくとすっ飛んでっています。

なので今は、逆さまに刺しています。

IMG_0577.jpg

格好が悪いですけど、こうしてからは蓋は無くなっていません。

こうまでして次に無くなる時は、蓋だけ残って本体が無くなっているってことですね。

そしたら、蓋の無い余った本体が使えます(笑)




↓↓↓↓ほかにもたくさんのロード乗り集結中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

TEAM ひとりぼっち

私、基本友達が少ないです。

毎日、遅くまで(朝早くまで)仕事しているので、飲みに行ったりできません。

飲みを断っているうちに誘われなくなりました。

結婚し、子供が生まれてからは子供中心に生活をしているので友達が減りました。

元々、人見知りで警戒心の強い性格なので人と仲が良くなるまで時間もかかります。

ショップで常連顔できるほど厚顔ではありませんし、お金もありません。

いちいちメンテナンスでショップを頼るのも、なじみになる方法なんでしょうが、

こんなことでショップにメンテ頼んでたら悪いなと思って自分でメンテしてしまいます。

そんな、ただでさえ少ない友人に自転車乗りがいないため、基本サイクリングはいつまでもひとりぼっちです。


書いていて少し寂しくなりました(´・ω・`)


ひとりなのに「チーム」ではないだろうという方もいらっしゃるとは思いますが、なんとなく。

しかし、一人でサイクリングするのは大好きです。

自分のペースで走り、休み、行き先を変え、勝手に帰ります。

一人で居る事が苦にならない性格なのがいけないのかもしれませんね。

また、一人で走っているとペースが掴めません。

疲れると休みますから自分を追い込めません。

もう少し頑張らないと、強い脚にならないと思っても一人だと負けちゃいます。

複数で走っていれば迷惑もかけられませんので頑張るとは思うのですが、きっとへばるんだろうなと今から想像がつきます。




私、自転車の仲間が出来たらやってみたい事があります。

「列車」「トレイン」です。


引いてもらいたいです。

どんな感じなんでしょうか?

楽に走れるらしいですね?にわかに信じられません。

F1レースを見ているとスリップストリームというのがありますがアレですよね?

ジロで「スカイトレイン」とか見ていると身震いします。

付いてみてぇ!!!

瞬時にちぎられるんでしょうけど(笑)


20km/hや30km/hで走っていても効果があるのですかね?

子供の後ろを走っていてもまったく効果はありませんでした。

かといって、ひとりサイクリング中に、知らない人に付くことはできません。

鬱陶しがられそうなので、だいたい40〜50mぐらい開けて走ります。

まあ大抵ちぎられますが(笑)

特に込み入ったCRやツーリングのメッカならそんな列車っぽいシチュエーションも出て来ることがあるかもしれませんが、今だに経験はありません。

いつかこっそり団体さんに混じってみよう(笑)



まあしばらくは自主練です。

人気の無いCRで「カントリーロード」唄いながら走っているおじさんがいたら私です。石は投げないでください(笑)


ひとりぼっち おそれずに
生きようと 夢見てた
さみしさ 押し込めて
強い自分を 守っていこ

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード(涙)



ほかにも沢山のロード乗り集結中!クリックをお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

子供のためのCR走

私は、車道を走るのが苦手です。

かといって歩道を走るわけではないのですが、とても怖い思いをしながら車道の左隅をコソコソ走っています。

全てのクルマが私のバイクを攻撃してくる訳ではありません。

怖いというのは、あくまで私の主観的な怖さで、他の自転車乗りの人にとっては怖くないレベルのかもしれません。

見えない背後から迫りくる恐怖!

猛スピードでギリギリを抜かして行く恐怖!

クルマが後ろから来る度に、少し身構えます。

まだ乗り始めの頃、心ないトラックやDQN車に幅寄せをされて転びそうになってから、一般道を走るのが怖くて仕方ありません。

バックミラーを付けたいのですが、付けたところで怖いのは変わらないのでまだ付けていません。

あまり車道で迷惑もかけたくないので路側帯の内側をできるだけ走るのですが、これもまた怖いのです。

コンクリとアスファルトの段差。

側溝の鉄格子の、23cタイヤにピッタリの隙間。

履き溜めたような小石。空き缶。

街路樹や植木のはみ出し。

駐車車両…。

もう何処を走れというのやら。

通勤時間帯は、裏道を使いますし、全体的にクルマがゆっくり動いているので問題がないのですが、幹線道路はとても怖くて走れません。

東京の中心に住んでいる人はさぞかし大変だろうなと思うのですが、みんなきっと慣れているのでしょうね。

だから、週末のツーリングは、基本郊外まで車載して田舎道だけを選んでサイクリングするかサイクリングロードを走ります。

こんな怖がりなので、私が子供とサイクリングに出かける時は結構気を使います。

倍の気を使うので疲れます(笑)

家の近所には庄内川と矢田川という川が流れており、ここの河川敷には簡単なCR&散歩道が整備されています。

IMG_0576.jpg


ただ、荒川、江戸川などのCRのようなロングロングCRではなく、短めのCRが断続的にある感じ。

今度、息子とサイクリングする時のために、いかに車道に出る事なく、長い距離をCRだけ走れるか、自分で走って来ました。



往復で36kmぐらい。短いなぁ…。

それでも、CRだけを走ろうとすると3箇所ぐらいは橋を渡って、向こう岸に移ったり、数百メートルは車道を走らざるを得ません。

子供が自転車に乗る上で交通規則を憶えたり、マナーを守ったりするために多少はクルマの行き来きする場所を走った方がいいのでしょうが、サイクリングぐらいはクルマに気兼ねすることなく走りたいです。

この日も、堤防の上を走る時があったのですが、狭い堤防を猛スピードで追い抜いて行くクルマがたくさんいました。

自分もクルマを乗りますが、自転車乗りではあるので大変気を使って追い越したりします。

お礼に手を挙げてくれるバイク乗りも何人かいます。

ブームの追い風で自転車が増えたのは良い事です。私もその一人です(笑)

でも自転車のマナーも決して良いとも言えません。

みんながなんとか道の上で上手に共存できるといいんですけどね…。無理なんだろうな…(笑)


ランキングに参加始めました!たまにクリックしてくれると嬉しいです!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

軽量化なんかしても速くはならないよ?

以下は2ちゃんねるの自転車版で有名なコピペ。

---------------------------

「軽量化なんかしても速くはならないよ?」

重いより軽い方が、加速は良くなります。上りも速くなります
ここまでは当然です。
ただし、平地の巡航速度は変わりません。
人間が発生する「駆動力」と自転車の「走行抵抗」が釣り合ったところで速度が決まります。
足や心肺能力を鍛えれば「駆動力」は増えます
「走行抵抗」とは何かというと、「空気抵抗」と、「転がり抵抗」を足したモノです。
コレを減らせば巡航速度は上がります。
重さが増えると、「転がり抵抗」がほんの少しだけ増えます。
ただ、体重+自転車で70~80kg程度はあるわけで、
1kgや2kg減ったところで「転がり抵抗」にはほとんど影響ありません (加速や上りにはもの凄く影響しますが)
事実、デブでも脚力が有り、高いパーツを組んでいれば「平地なら」速いです。
また、レースに出て勝つ必要が無いなら。、速く走る必要は全くありません。
健康のために走るなら、むしろ重いほうが有利です
高い完成車に乗る必要は無いし、高いパーツに変える意味もありません。
しかも、下りは重いほうが速いです。

まとめます。
数十万円かけて2kg軽量化して、
重量以外は全く同じ条件だった場合、
アップダウンがある一般的なコースにおいて
100kmで100mの差がつくということが計算の結果わかりました。
1kmでたったの1mです。

また、アップダウンが全く無い、
あるいはブレーキングを必要としない程度のアップダウンの場合、
重量の差による速度の差というのは発生しません。
100g200gの差でどれくらい違うかもこれでわかるでしょう。
コストと効果をよく考えて、パーツを購入しましょう。
 
誕生から200年と言われる自転車史上、
軽量化することで速くなったという例は一度として無い。

軽量化することで誰が儲かって、
誰が無駄な金を使うのかを良く考えると
おのずと真理が見えてくる。

また、世の中のあらゆる機材スポーツにおいて
勝者に勝因を尋ね、

「機材の軽量化によって勝った。」

と、答えた例は一度として存在しない。
これは、軽量化しても速くはならない。
という証明に他ならない。

『HIGH-TECH Cycling』によると、
40㎞TTを
24㎞/h(15マイル/h)で 走行した場合、自転車の重量が+1㎏重くなると約5秒半のタイムロスになる。
32km/h(20マイル/h)の場合は約2秒、
40km/h(25マイル/h)の 場合は約1秒、
48km/h(30マイル/h)の場合は約0.7秒程度という具合に、
速度があがるほどタイムロスは少なくなる。

血の滲むような努力をして必死に軽量化して
40km走って、たったの0.7秒しか変わらないという
検証結果が出てしまいました
---------------------------
だそうですが、私はまだ初心者でもあるので、軽量化とスピードアップの因果関係はよくわかりません。

ただ、バイクは軽い方がいいと漠然とは思っておりました。

なにしろ自分はペダル無しで10kg近いアルミバイクに乗っており、軽いカーボンバイクには乗った事がありません。

もともとフレームだけで2kg以上あるもんですから、どれだけ軽量化しようと9kgを切るのがやっとだと思います。

この前、タイヤを軽いものに換えたのですが、乗り心地は良くなったと感じるものの、自分のバイクがたかだか数百グラムでは速くなるとは思っていません。

確かに、今日のジロの山岳ステージなんか見ていると軽いバイクの方が有利だと思いますが、

私のような貧脚が、軽いバイクに乗ったところで速くなれるとは考えにくいです。

なので、ひとまずバイクの軽量化はあきらめています。

でもいつかは軽いバイクを買って、さらに軽量化して楽しみたい夢は持っています。

ロードバイクの軽量化は、ある意味「様式美」だとも思っていますし、片手で高々と自分のバイクを持ち上げながら笑顔で記念撮影に臨みたいと考えております(笑)

まず、健脚で剛脚を目指すべく日々トレーニングすることと、自分自身の軽量化に着手。

最近では10kgのダイエット。ここ1年では15kgのダイエットに成功しました。

自転車のおかげでダイエットはできましたが、自転車に乗っているからダイエットできた訳ではありません。

あくまで、痩せたら自転車が楽になると思ったから始めた、食事制限と軽い運動のおかげです。

自転車だけで見ると、100km近く乗った日は、数kg痩せるのですが、ハンガーノックが恐いのと、帰ってからお腹が異様に空くのに身を任せ食べ過ぎるため、次の日体重が増えるぐらいです。

15kg減量というと凄いダイエットのように思えますが、様はムダに増えていた分だったので簡単に落とせたのだと思います。

痩せたから昔の体型に戻ったかというと、そこはさすがに45歳のおじさんです。

おじいちゃんのような体型になってしまい、ドライバーの飛距離も50yardほど落ちてしまいました(笑)

これからは体重を維持しつつ、筋力アップに励み、剛健脚を目指して行こうと思います。


↓痩せたのに家族に体型を笑われるお父さんに励ましのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


御在所岳中道登山

今日は朝から天気がよろしい。

風も微風。

自転車乗るには絶好の日。

しかし、嫁が登山に連れてけというので仕方なく近所の御在所岳へ。

御在所岳といえば鈴鹿スカイライン。

ヒルクライムしたいな。バイク積んでっちゃおうかな。

「お前ら御在所岳登って来い!おれは鈴鹿スカイライン登って来る」って言ったら怒られるだろうな…。

今日は諦めて、素直に登山行きます。


登山は素直に足に効きます。

大腿四頭筋や下腿三頭筋、前脛骨筋などがんがん効きます。

ゆっくりとした筋肉の動きだから、瞬発系のトレーニングには向かないけど、持久力が必要とされる自転車のトレーニングには最適なのではないのかな?

自転車にしても登山にしても、帰りの余力を残しておかなければ帰れないといったところは一緒のような気がします。

遠くへ行って帰って来なきゃいけないスポーツってあまりないもんね。


自分としては家族みんなで出来ることを重用視してます。

本当は家族でサイクリングしたいのだけど、なぜかみんな乗りたがらない。

目標意識が薄いからかな?

登山とスキーは家族みんな楽しんで付き合ってくれます。

でも上の娘はそろそろ付き合ってくれなくなりそうで悲しいです。

残り少ない機会は大切にしなければ。


8時頃御在所ロープウェイ乗り場に到着。
IMG_0557.jpg
いつもは裏道登山道に行くのですが、今日は中道登山道へ。

ここから1kmほど温泉街を歩いて登山道へ。

IMG_0559.jpg

家族一緒なんで、のんびりペースで登ります。

IMG_0560.jpg

お約束のつっかえ棒して

IMG_0564.jpg

ロープウェイに挨拶。

IMG_0565.jpg

おばれ岩。

IMG_0567.jpg

まだまだ5合目ぐらい。

IMG_0568.jpg

地蔵岩をスルー。

IMG_0570.jpg

キレットをおっかなびっくり降り。

IMG_0571.jpg

2時間半ほどで山の上公園へ。

IMG_0573.jpg

頂上でお湯を湧かして、いつものカップらーめんとおにぎり。

御在所岳の中道登山道は、健脚の人であることが条件とも言われていますが、

子供も飽きずに楽しんで登ることのできるコースです。

丈夫な靴は必要かもしれませんが比較的気楽に、本格的登山気分も味わえる山だと思います。

疲れ果てた人のために帰りはロープウェイもありますしね(笑)


明日も天気良さそう。

ソフトボールの試合をサボってツーリング行こうっと。



ランキング参加中!クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

バイク乗りVSバイク乗り 相容れない別のカテ

「バイセコー乗り」と「モーターバイク乗り」の事です。

言い換えれば自転車バカと単車バカの事です。

ニホンゴ メンドクサイデース。


自転車を英語では「bicycle」。「bike」は「bicycle」の口語的省略形。

オートバイは英語では「motorcycle」とか「motorbike」。

でも通常、バイクと言えばオートバイを指しますね。

なぜか関西の人は、オートバイを皆「単車」と言っているような気がするのは私だけ?


私は自分の趣味を人に話す時は、「自転車に乗っている」といいます。

バイクに乗っているって言うとオートバイと必ず勘違いされますので。

なんかまだ初心者なので「ロードバイクに乗っている」って話すのが恥ずかしい(笑)

ロードに乗っていますって言うと理解してくれない人がいます。

ロードレーサーに乗ってますとは100年経っても言えません。自分レーサーじゃないし(笑)

「自転車に乗っている」っていうと、大抵「どんな自転車なんですか?」って聞かれるのでそこから少し話が膨らむこともありますし。


私の周りにはロード乗りが一人もいないのに、単車乗りはたくさんいます。

私も単車の免許は取得していますので単車の良さやツーリングの楽しさは理解しております。

でも単車乗りの連中は、誰ひとりとして私の趣味を理解してくれません。

週末に100km乗ったといえば気違い扱いされるし、ヒルクライムしたといえば変人扱いされます。

単車ならもっと楽に遠くに行けるだの、スピードが出るだの子どもでも分かる違いを延々とお話されます。

タイヤが2つで、風と友達になれる同じ乗り物のはずなのに、エンジンが付いているかいないかで、自転車乗りは変人扱いなのです。

自転車の魅力を語るとすれば、「自分の力だけでどこまでも遠くに行ける」ということでしょうか?

単車乗り:エンジン使ってツーリングした方がラクじゃね?

他の魅力としては、「運動になる。乗るだけでエクササイズできる」ですかね。

単車乗り:汗かかね?暑くね?

後は「お金かかりませんよ!エコです!」

単車乗り:お前、貧乏なんじゃね?


も〜いい!!

同じ2輪で風を切る仲間だと思った私が悪かった!

貴方たちとは永遠に相容れないことがよく分かった!!

クルマとは未来永劫、仲間になれないことは分かっていましたが、単車乗りよ!おまえもか。

そんなことを感じた、単車に乗っていらっしゃるお客様との打合せ後の雑談でしたが、別に単車を嫌っているわけではありませんからね。

自転車は自転車の200年変わらぬ文化をこれからも変わらず貫き進んで行きます。

自転車大好き!

変人で結構!

変人万歳!


私も変人だ!って方はクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ノラナイカ×デ×カワナイカ?

HANTER×HANTERっぽくなりましたが、激安通販ノラナイカでお買物しました。

http://noranaika.com/

もう、今月はシートポストやらタイヤやらを購入してしまっており、買物は来月の為に控えておりました。

しかし、先週末にでかけたヒルクライムで風邪を引きましてね。

ヒルクライムって登りは汗だくになるのですが、下りが寒いんですよね。

さらに、この時期、早朝にツーリングに行くと羽織るものが難しいんです。

日中25℃以上になるのは分かっていても、早朝5時台はまだ15℃ないくらい。

ウィンドブレーカーを着ていきたいものの、走り出せば必ず脱ぐことになります。

持っているウィンドブレーカーはランニング用で、フードが付いているためまとめても荷物になります。

できるだけ荷物は持ちたくないので、小さくたためるサイクリング用のウィンドブレイクジャケットが欲しかったのです。

以前、ブログで書いた「安物買いの銭失い」の時の教訓はどこへやら、

「安いペラペラのやつで十分じゃね?」みたいな感じで探しているとありました。

ノラナイカ。

初めて見た通販ショップだし、ラインアップも少ないので敬遠しようかと思ったのですが、

妙に低価格。

お財布にやさしいが、製品の質はどうなんだろう?

いやいやいや、この価格帯に質は求めちゃいけないってもんだ。

一応、ネットで評判などを探してみるが、レビューが少ない。

こうなれば人身御供だポチって見よう!と安さに負けてお買物。

買物したのが、5月22日。

で、届いたのが24日。なんか早くね?

IMG_0543.jpg

上海から直接配送されるって書いてあったから、来週かなと思っていたのだが…。

開けてみる。

IMG_0544.jpg

また袋出て来る。

開けてみる。

こんなに入っている(笑)

IMG_0545.jpg

ウィンドブレーカーだけじゃなかったんかい!

だって安かったんですもの…(´・ω・`)

LAMBDA 軽量ウインドブレーカー WIND LITE Lサイズ 1980円。

IMG_0556.jpg

サイクル用に特化していてこの値段ならいいかな?と

ちょっとLサイズだと大きめかな?私は172cm、66kg。

Mサイズで丈が短いのはいやだったのでまあいいか。

IMG_0555.jpg

たたむと小さくなるし、蛍光黄緑で目立つ。反射プリントも付いている。

通気性は悪そう(笑)でも十分。週末着られる。

ゴルフもこれで行けそう(笑)

これだけだと、送料1,000円はもったいない。

他にもちょっとお買物した。

SPAKCT サイクルグローブ SPG003 Lサイズ 980円。

IMG_0546.jpg

全然十分。作りもしっかりしてるし、パッドも厚め。

親指甲側はタオル地になっていて汗も拭ける。

夏場は替えが欲しかったのでこれで洗える。

IMG_0547.jpg
サイズもぴったり。

おじさんの日焼け対策にSPAKCT アームスリーブ SPG022W ホワイト Lサイズ 980円。

IMG_0550.jpg
IMG_0551.jpg

これも十分な作り。内側はメッシュになっているのは嬉しい。

ゴルフもこれで(笑)

Mountainpeak フレームバッグ Aタイプ / シルバー 680円。

IMG_0549.jpg

携帯と財布。クリートカバーとi-Podが入れられる。

ベルクロで装着。使い勝手は使ってみないとわかんね。

ペダリング中に気になるかな?


あとおまけのバンダナが付いていた。
IMG_0552.jpg

筒状になっていて、かぶったり、巻いたり、縛ったりと用途は様々。

うれしいおまけ。

全部で4,620 円

安いか、高いかは使ってみないとわかんないな(笑)

ほんとはビブショーツ1980円も欲しかったのだが勇気がなかった。

いつか買ってみよう(笑)

結局、安いショップっていっても他に要らないものも買ったりして高くつくんだよね。

今回はたまたま欲しいものだけを買ったからよかったけど、送料がもったいないからみたいになるんだよね。

セールに行ってムダ使いしたり、100円ショップに行って、105円だけ払ってお店を出て来た事がない私。

買物の極意は買物しないこと。ダイエットの極意は食べない事(笑)

つい負けてしまうけど(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

俺のせいじゃない!猫がいけないんだ!

私の自転車は、会社の中に駐輪しています。

IMG_0542.jpg

会社に置きっぱなしです。

一応、自分は社長なので社員は「またシャチョーの私物が増えたわ」ぐらいにしか思っていないでしょうが、掃除の時に邪魔にされています。


自宅には持って帰りません。帰れないのです。

以前はずっと自宅においてありました。

なぜ自宅に置かなくなったかには訳がございましてね。

小さな小さな事件なんですが…。



私には中1の娘がおりまして。

この娘が親に似ず出来がよろしいのですが、少々気難しいところがございましてね。

我がままに育てたせいか、私にキツいのですよ。

中1といえば難しくなるお年頃でもあります。

娘に嫌われたくない一心で、余計な事は言わず、タバコも近くでは吸いません。

叱る時は、それはもう細心の注意を払っております。

あの優しかった頃の娘を思い出しては、離れて行く娘をなんとか少しでも引き止めようと

お父さんは毎日必死です。


そんなある日。

ウチには猫がおります。

まぁひいき目に見てもデブのブサです。

死にかけていた子猫を、息子が拾って来てからの一員です。


猫と言えば好奇心の塊。

その頃、玄関に駐輪しておりました、我がバイクに目を付けたやつがおります。

IMG_5151.jpg

お?

IMG_5154.jpg

なにか見慣れぬものがある。

IMG_5159.jpg

じい〜。

IMG_0338.jpg


この新しい自転車は、ひげのおっさんのやつだね。

クンクン。ごそごそ。

IMG_5168.jpg

ぴとっ

この時ですわ。

やつが事件を起こしたのは。


希望の中学に合格し、真新しい制服をこよなく大切にしているウチの娘。

それはもう、毎日丁寧にブラッシングをして学校にでかけています。

帰って来ると、丁寧にハンガーに掛け、皺ひとつ、ついていません。


ある日、そんな大切な制服に、べたべたと黒い斑点が。


家の中のハンガーに掛けていたにもかかわらずです。

娘が激怒したのはいうまでもありません。

ほどなく犯人はわかりました。

猫に間違いはありません。

よく、洋服ハンガーの近くにいるのを目撃されています。

しかし、娘はこの猫をこよなく愛しておりますので、猫のした事と寛容にも許してあげました。

さて、犯人は特定されましたが、黒い斑点の元がわかりません。新犯人探しが始まりました。

(猫が犯人じゃないの!?)

この斑点、なかなか落ちないのです。

家の洗剤などでは落とす事ができず、クリーニング屋行きととなったのでした。

これだけ強情なシミは、家の中にもそうある訳ではありません。

そうです。

その黒い犯人は。



炭化水素系溶剤・化学合成オイル タクリーノ ロードチェーン オイル 1550円だったのです。

tacurino.jpg

原料にロケット技術に基づく合成潤滑油を主成分とし、特に優れた潤滑油添加剤・酸化防止剤・極圧添加剤を使用。高速・高荷重のもとに走行するロードレース等の過酷な条件下にて使用し、その耐久性・潤滑性に高い評価を得ている最高級チェーンオイルです。粘性が低く走行抵抗が低い上に、「秘密の細工」によって一度リンク内に入ったオイルが外に逃げ出さず、内に留まりやすいよう考えられており、「リンク内への留まり」が他社では真似の出来ない高性能を生み出す結果となっているのです。また、高純度の化学合成オイルを100%近く配合しているのは市場に出回っているものではこやつだけであることも付け加えておきましょう。そう、ロードバイクのためのロードバイク用チェーンオイル。「タクリーノ・ロードチェーンオイル」なのです。


唯一の欠点としては、浸透性が高く、より潤滑に優れている為、黒くなりやすいというところ。


そんな訳で、猫は許されても私は許されず、自宅に駐輪ができなくなり、現在もこうして会社でブログを書く私の横でひっそりと出動を待つインターマックスレイズなのです。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

ロード乗りと喫煙者

先程、ジロを観戦していたところ、ツイッターからの質問でプロ選手に喫煙者はいるのかと解説の永井さんに問われたところ、名前は明かせないが、一度見た事があるとのお答えでした。

10年近くもプロチームと共に過ごした方が、たった一度見ただけの喫煙率。

そりゃ当たり前だと言われればそうだが、それにしても低い喫煙率です。

あれだけの山を全力で登り、50km/h近い平均時速で200kmを走っていれば、タバコなんぞ吸う気も起こるまい。

普段の生活でもオートバイと一緒に自転車で走っている連中である。

タバコを吸うヒマもないでしょう。

でも彼らの中にはイタリア人も多い。

以前、イタリアを旅した時に、禁煙の空港内で平気でタバコをふかすイタリア人がいた。

そこにフランス人らしき旅行者が、ここは禁煙だとそのイタリア人に注意したところ、

「ここはイタリアだ!」と、イタリア人が言い返していた。

そんなお茶目なイタリア人のロードレーサーもタバコを吸わないのである。

これは驚きだ。

では、一般のロード乗りにもタバコは御法度であろうか。

そりゃ御法度である。当たり前。タバコなんか吸っていたら心拍もたねえだろう!!



そういう私は喫煙者。

もう25年。

現在は1日一箱ほど。

毎日3〜5kmのジョギングをしているにも関わらず喫煙者です。

昔はアスリートの中にも喫煙者は多かったような気がする。

プロ野球選手なんかは昔はスッパスッパと吸っていた。

ダルビッシュあたりも吸っていたではないか?

ちなみに忌野清志郎も喫煙者だった。

エディメルクスも喫煙者。


昔はもう少し喫煙に寛容な頃があったね。

最近、どんどん喫煙者の立場が弱くなっていますね。

喫煙場所も無くなり、タバコも高価な嗜好品となりました。

私の周りも何人かは値上げとともに止めました。

その頃から会社内も禁煙とし、社長の私は、外で細々と吸ってます。

気の小さい私は、喫煙することにやたらと気を使います。

まず、人の気配のないところを探します。もし近くに人がいたら常に風下をキープします。

非喫煙者と居る時は吸いません。

レストランは禁煙席。車両は禁煙車。

そして吸い殻は絶対に捨てません。


そんなに気を使っているのに最近は悪者扱いです。

意思が弱く、仕事ができないダメ人間ぐらいに言われます。

確かに、喫煙者の中には無頓着で我がままな者もまれにはいるのも事実。

気を使い、嗜好品として楽しむ私からしても迷惑な喫煙者はいます。

でも、自分が喫煙者である以上、その人に文句は言えません。

娘には、タバコを吸う人が近くにいたら、その場からそっと離れろと伝えてあります。


そんな嫌われものになったタバコですが、自分は今のところ止める予定はありません。

止めればいいのにとよく言われますが、好きなので吸っています。

まあ、お医者さんに「このまま吸っていたら明日にも死ぬぞ」と言われたら止めますが…。


しかし、最近少しづつだけど禁煙を考えるようになってきた。

それは心拍の問題ではなく、お金がかかるという理由で。

健康に害するのは知識として知ってはいるものの実感がないので恐怖心が薄く、止める理由にまでたどり着かない。

しかし1日一箱。440円。

1年で160,600円のおトク!!と言われると、

毎年、EA90も、DURA ACEも、キシリウムSL、RACING1、EURUSも買えるやん?選びたい放題やん?

と、強い禁煙動機が生まれる。

タバコを止めて、さらに1万円貯金をすれば、2年で高級バイクも完成車で買えてしまう。

ううむ…ちょっと禁煙してもいいかな…。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村






40代の年収は?

実は、私、自分の年収を知らないのです。

自分で小さな小さなデザイン事務所を経営しているため、月や年度の売り上げは細かく把握しているものの

給料の管理は嫁がしているため、肝心の自分の給料はまったく把握していませぬ。

もうかれこれ15年も。

なにか嫁に我家の年収を聞くのも恐いのでまかせっぱなしにしている。

自分の年収を知らないと、安心することもなく危機感に陥る事も無く、ただただ目の前の仕事に邁進できるので

それはそれでいいかなとも思っている。

自分の口座に振り込まれる3万円のお小遣いが私の全てです。

45歳のみなさんのお小遣いはいくらぐらいなんでしょうか?

調べてみると平均は57,390円だそうな。

う…。自分ずいぶん少ないとです。

まあ自分は食費がかからないし、飲みにも行かないし、ガソリン代もかからないので3万円あれば十分といえば十分であるのだが…。

これから子どもたちにお金がかかるのでお小遣いを上げてくれとも言えないしな…。


年収ラボによると、45歳の平均年収は632万円だそうな。

10年前は700万円近くあった平均年収も現在ずいぶん落ちて来ているそうな。

自分の会社の年商も、リーマンショック以降(もうなんか懐かしい響き)下がりっぱなしなので、きっと給料の額も落ちているのだと思う。

45歳というと世間では働き盛り。管理職をしておられる方も多かろう。

年収の差ができるのもこの世代かな?1,000万円ぐらいの年収差があるみたい。

そんな中、ロードバイク系のブログにいくつか目を通しているのですが、みんないいバイク乗っているよね。

クルマなら生活必需品として出してもらえていた維持費も、自転車ともなると突然趣味の物としてお金は出してもらえなくなります。

まあ、家の経費でゴルフクラブを買えないのと一緒なのでしょうがないとは思う。

色々なロードバイク系ブログを拝見し、その方の職業や年齢を憶測すると、やはり独身の方か、もっと年配の方で自分の趣味にお金をかけられるようになった方が多いと見受けられる。

しかし自分と同じような年齢で小学生ぐらいのお子さんがいて、高価なバイクに乗っている方は、余程稼ぎがいい人を除いて、どのようにバイクに予算をつぎ込めたのか聞いてみたい。

まあ人をうらやんでも仕方が無いとの父の言葉でもあるので自分はプライスレスの部分で頑張りたいと思う。

9万円のアルミバイクで剛脚を目指す。

1万円のドライバーでドラコンを目指す。

身体が資本の人みたいになってるが残された道は少ないのである。いやあ頑張ろうっと。

金冠日食

朝も早よから起こされて、息子と家の前で金冠日食を見る。

名古屋は曇りの予報だけどキレイに見えました。

IMG_7354.jpg

もう結構欠けたところ。

このあたりは雲もかかっていて肉眼ではっきり見える。

近所の坊主たちも興奮してそこらを走り回って見ている。

少しなごむ。

IMG_7370.jpg

金冠に発展。

雲も無く、偏光メガネをカメラの前に当てて撮る。

IMG_7387.jpg

影が三日月になるのね。おもしろい。

次の金冠日食は18年後らしい。

その時は自分も63歳。生きてはいるかもしれないが、北海道まで行く気力はないだろう(笑)

今日、しっかり見られて良かったよ。

初二ノ瀬峠

タイヤも換えたし、今日は多度方面へ行ってみた。

いつもの様に市内走行を避けて車に乗っけて行く。

仕事を4時に終わって、夜明けと同時に出発。徹夜明けなのであまり無理しないようにしないと。

木曽三川公園は9時30分にならないと駐車場が開かないし、近所の道の駅立田は車を置いておきにくかったので

しばらくクルマを置くところを探してから出発。

IMG_0520.jpg

当初は長良川のサイクリングロードを走ってゆきます。

IMG_0522.jpg

天気もいいし、風も昨日に比べたら無風のようなものなので快適。

IMG_0524.jpg

CRが終わったところで左に折れ、広域農道へ。

気持ちがいい道が続く。



本当はこんな感じで70kmほど走ろうと思っていたのに、そういえば近くに峠があるのを思い出し、急遽変更。

人気の二ノ瀬峠に向う。



ヒルクライム苦手なのにヒルクライムの日にする。

二ノ瀬峠の入口。IMG_0527.jpg

もう既に何人かのローディが抜いて行く(笑)

時間も早いのに結構来ているのね。

登る登る。

IMG_0529.jpg

速い人は20分ぐらいで登るとか。

何人かにスッパスッパと抜かれたけど、何も出来ませんよ。

無理しないように一定のペースで登ります。

女性も、おじさまも登る登る。抜かれる抜かれる。

IMG_0530.jpg

下界は何にも見えません。

いつもの左の膝痛がやってきた。ペダリングが悪いのかな…。

時間は計っていなかったけど、30分以上かけて登頂。そのまま休まず岐阜側に下ります。

下りは恐いね。ケガもしたくないのでゆっくり休憩がてら降りて行きます。

下りでもローディに抜かれます。

麓で、さっき抜いて行ったお兄さんがUターンして登って行きます。

2本目でしょうか?3本目でしょうか?元気いっぱいでよろしい。

おじさんは多度を目指します。

IMG_0532.jpg

相変わらず坂は多い。心拍もケイデンスも計れないので、トレーニングというよりは単に登っているだけ。

IMG_0534.jpg

多度大社に到着。缶コーヒー飲みながら少し休憩して、クルマを置いてあるところまで帰ります。

60kmちょっとだけどおもしろいコースだった。

やっぱりクルマの少ないところを選んで走るのがいいな。



そうそう、ミシュランのPRO3良かったよ。

ビットリア ザフィーロから履き替え、ペラペラふにゃふにゃな感じが不安だったけど、明らかに走りが向上。

ごつごつした突き上げも無くなり、フラフラした感じも解消。グリップも問題無し。峠の下りも安心。

200gなのに軽さも分かる。

ホイールはWH-R300のままなのにこれほど違いがあるとは驚き。

足下を替えると走りが変わるって聞いてはいたけどこれほどとは。

ホイールを買えるのはまだしばらく先のことになりそうだけど、チューブなんかも気を使ってもいいかも。

カーボンのシートポストは違いがよくわかりませんでした(笑)

相変わらずお尻は痛かったしw

サドルも考えた方がいいかな…。

ウイグルから届いたよ

以前、ウイグルで頼んでいた、dedaのシートポストとタイヤが届いたよ。

IMG_0498.jpg
ロゴかわいいね。

注文したのが5月10日(木)だから8日で届いた。

イギリスから届いたと思えば早いぐらいだよね。

IMG_0502.jpg
Deda スーパーゼロホワイトマットカーボンシートピラー 198g

11,000円。国内で12,000円〜13,000円ぐらいだからちょっとおトク。

タイヤを買う時、ついついポチってしまった品。

IMG_0503.jpg
Michelin Pro3 Race Folding Road Tyre Ivory 700 x 23c  200g×2本

国内で4,000円〜6,000円が2本で5,618円。

送料無料で国内の半額以下。

こちらが今回の通販のメイン。

さあ、早速履いてみようか。

実はパンクの経験もないので初めてのタイヤ交換。

IMG_0506.jpg

こやつは今まで履いていたビットリアのザフィーロ。

乗りにくいやら不快やらのレビューが多い最廉価デェフォルトタイヤだけど、このタイヤしか経験がないし、パンクもしない丈夫なタイヤなので満足はしていました。まだまだ1000kmちょっとしか乗っていないのでとっておきます。

IMG_0508.jpg

タイヤレバーで外しまーす。

硬くて外れないので2本使う。

でも2本目がねじ込めないので、3本を差し込んだ状態で、一気にめくると簡単にベローンとひっくり返る。これは簡単。

後は、1本を抜いては移動してべろん。移動してはべろん。

IMG_0509.jpg
簡単に外れました。

Pro3を装着してゆきます。

IMG_0510.jpg

ビットリアのザフィーロと違って、ペラペラのふにゃふにゃ。

なんかすぐパンクしそう。これは軽いわけだ。ザフィーロより100gも軽いんだから。

IMG_0512.jpg

チューブをねじ込んで、にぎにぎなじませ。

IMG_0514.jpg

空気を半分ぐらい入れたら出来上がり。

IMG_0515.jpg

25分ぐらいかかった。

チューブを噛んだりしてないか心配だったけど、今のところ大丈夫みたい。

前輪をやったところでコツも掴んだので、後輪はさっさとやる。

IMG_0516.jpg
10分ほどで完成。

これでツーリング中にパンクしても慌てないで済む。

次はシートポストを。

IMG_0518.jpg
付いていたFSAのシートポストを抜き、サドルを外す。

DedaのスーパーゼロはFSAと違って2本のボルトで止める。

ガチャガチャもたもたやってなんとかサドルを装着。

レールと接続する部分が、出荷時にひっくり返って付いているので、よくわからずもたもたした。

説明書も無いので想像で着けてみる。

初めてのカーボンパーツにはFINISH LINEのFIBER GRIP。ショップで1,040円。

IMG_0504.jpg
おそらく、このチューブ1.75ozは一生かかっても使い切れないとは思う。

カーボンパーツを組むときに使うアッセンブルグリス。

ザラザラしていて、研磨剤がカーボン表面に食い込んで滑らなくなるので締め付けトルクを緩くできるもの。

表面に薄く塗って装着。
IMG_0505.jpg
トルクレンチなんて上等なものを持っていないので、手ルクレンチでなんとなく締める。

テンション加減なんて分からないので、本当になんとなく。

後は走りながら下がって来たら増し締めしよう。

とりあえず完成。

IMG_0517.jpg
白いパーツをすこしずつ選んでいたのだが、気がつけば少し白くなり過ぎた感がある。

白豚と言われないように頑張って踏まねば。










茄子 アンダルシアとスーツケース

最近「茄子 アンダルシアの夏」と「茄子 スーツケースの渡り鳥」を改めて観ましてね。

原作は黒田硫黄の「茄子」。月刊アフタヌーンに連載されていた茄子を題材にしたオムニバス短編集。

アニメーションの監督は高坂希太郎。宮崎駿の一番弟子とも言われた人。この人自身もロードバイク乗りで

アンダルシア〜は監督デビュー作なんだね。

この人自身もロードバイク乗りで、かなりの剛脚らしい。

昔はジブリの作品だと思っていたんだよね。よく見たらマッドハウスだった。

数年前に初めて観た時は、まだロードバイクに興味はあったものの実際に乗っていた訳ではなく、機材の細かな描写、レースの流れや駆け引きなどはよく分かっていなかったものの、よくできたアニメだったため楽しめた。

「水曜どうでしょう」も好きだったので声優陣もツボだった。小池栄子はどうかと思ったが…。

ロードバイクに乗りはじめ、各サイクルレースを熱心にテレビ観戦する今、とても面白いアニメ。

ブエルタ・ア・エスパーニャを舞台にした「アンダルシア〜」はロードレースチーム「パオパオ・ビール」に所属する主人公ペペが、元恋人と兄の結婚の日に複雑な想いを抱きながら故郷の町をステージにレースする内容。

主人公の役目はアシスト。

逃げ集団を形成したり、アタックをかけて集団のペースを上げたりと、あくまでもアシストに徹している姿を見ていて、レースの駆け引きを知らなかった頃は不思議な感じだったことを憶えている。

レースって普通は1位でゴールする事が至上だと思っていたので、チームのエースのために黒子に徹するアシストの役目ってつまらないよなって正直思っていた。

現在、ジロで別府選手が頑張っているけど、レースを毎日観ていて、今日もいい仕事しているなって思えるのは、サイクルレースの仕組みが分かってきたから。

人のボトルを運んだり、パンクしたエースの為に自分のタイヤを渡したり、必死の形相でゴール前までエースを運んだり…。それだけ苦労しても最後に脚光を浴びるのはエース様。

あくまでもチームという形態だからこそ成り立つ仕組みなんだよね。

アシストやってる本人も、何年も何年も自転車を乗り続け、小さい頃から町ではイチバンの自転車乗りで、大人になってからは国の代表なんか努めたりもする剛脚の持ち主で。あの別府選手かてインターナショナルチャンピョンなんやで〜って言っても、チームでは単なるアシスト。エースってよっぽどなんやなと思う。

日本のツアーが舞台の「スーツケース〜」でもチームメイトのために引き続ける主人公ペペに感動した。

どちらも短い作品ではあるが、原作が優れているので、レースと人間模様を上手に織り込み、上手に仕上げてあると思う。

ロードレースを知り、ロードバイクに乗る人には観てほしい作品ではあるが、乗っていない人も充分に楽しい内容だと思う。

小池栄子はどうかと思うが。


欲しいもの1

以前、ボルボのXC90に乗っていたことがある。

600万円くらいのクルマなのだが、景気が悪くなると同時に売ってしまった。

3年乗って300万円ぐらいで売った。

ちょうど残りのローンの価格だったから、何も無かったぐらいの感じになっている。

ずっとボルボを乗り継いで来ていたのでとても惜しかったけど、維持して行くのに結構かかるので仕方が無かったのだ。

ボルボはローンと年間の維持費で100万円くらいかかっていたけど、

会社が儲かっていた時はなんの問題もなかった。

自分たち40代のおやじ世代はクルマの価値がそのままその人のステイタスを表していた世代であった。

田舎に住んでいたせいでもあるけど、皆がみんな上等なクルマを買い求めていた頃でもあった。

いいクルマに乗れば友人に自慢ができたし、軽自動車に乗っていると貧乏人扱いされたぐらい。

いつかはクラウンなどの言葉はあの頃生まれたコピーだった。

しかし、いつしか時代は変わり今やハイブリッドカー全盛の時代になった。

嫁のクルマもハイブリッドカーである。

東京では、クルマはおろか免許さえ取得しない若者が増えているらしい。

景気の問題もあるが、どちらにしても時代遅れのでっかいXC90なんぞは迷惑な存在になっていたことだろう。

ボルボは、自分個人のクルマだったので、足が無くなった。

だからロードバイクを買った。10万円だった。

クルマを買う時は何も文句を言わなかった嫁も、自転車には金を出さない。

嫁のママチャリは1万円ぐらいのホムセンで買った代物でもあるし、クロスの5万円でも一般の人は高いと思うのがあたりまえであろう。

だけど、手放したクルマの代わりなんだし、100万円、いや50万円でも出して欲しいが、嫁にしたらクルマと自転車は別らしい。

自転車はいいぞぉ。燃料代もかからないし、下手したらクルマよりも走行距離は伸びるぐらいだぞお!

なんとか時間をかけてでも、自転車の優位性を唱え、次期ロードバイクの購入資金を調達しようとするも、嫁は耳を貸さない。

なんとか説得するために、企画書を書き貯めなければ…。



そんな訳で、次期欲しいロードバイク(買えないけど)。

LITESPEED ICON 575,000円

2010LITESPEED.jpg

チタンを知り尽くす、アメリカ、ライトスピード社が贈るシリアスなアマチュアライダーからプロレーサーの為に創られたオールラウンドなレーシングバイク!だそうな。

なんかしゅっとしてて好き。ホリゾンタルのシルエットが好きな自分は、こういったカタチがぐっと来る。

実はカーボンもチタンも乗った事が無いので、乗り心地については何も書けないのだが、カタチだけで第1候補。

次期欲しいロードバイク第2候補は!(買えないけど)

titanio_img.jpg

DEROSA TITANIO 3.2,5  509,250円

これもチタン。きれいだよね、フォルムが素敵。

カーボンフレームも美しいけど、クロモリの美しさは別の魅力がある。

25年以上前のことだが、ブリヂストンのロードマンに乗っていたこともあり、クロモリバイクには格別の想いがある。

ただ、やはり重量が重かったんだよな。

なのでカーボンの軽さと、アルミの丈夫さ、クロモリの乗り心地を合わせ持ったチタンのバイクが欲しい。

高いんだけどね…。

さあ、今日もどうせ着てはもらえぬセーターを編むように、買ってもらえぬ嫁への企画書を練り上げようかな。

自転車漫画

ここのところ家族の用事で自転車に乗れないのでうずうずする。

たかだか趣味なんだから乗れる時に乗って楽しめばいいのだけど、毎日乗っていないと他のサイクリストに置いて行かれるような感じでとてもいや。

ゴルフもするのだが、当時は練習を沢山していた。

こんな言葉がある。「毎日、人より10球づつ多くの球を打ちなさい。そうすると1年で3650球の球を他の人よりも打ったことになる。小さな積み重ねが上達の秘訣だよ。」

この言葉に感化して、毎日素振りと練習場に通った。

あまり上手くはならなかったが(笑)

他のサイクリストのブログを拝見していると、週末にたくさん出かけ、毎日のように自転車を乗る人の日記を見ていると「自分もこうしては居られない!」と焦るのだが、週末ライダーなのに週末に乗れない日々で悲しくなる。

なので自転車の漫画を読んで気分だけでも自転車乗りになる(笑)


漫画はあまり読む方ではないのだけど、自転車に乗り出してから気になって手に取るようになった。

最近読んだのは「弱虫ペダル」と「のりりん」。

「弱虫ペダル」は、渡辺航が週間少年チャンピオンで連載中の学園自転車漫画。



アニメ好きの秋葉原を愛するオタク少年が、ロード乗りとしての才能を見いだされ、強豪校のサイクリング部でインハイを目指すスポコンもの。

少年漫画の王道とも言える、少年の成長とバトルものを盛り込んだ抑揚感のある内容。

主人公の小野田坂道はクライマーなのだが、主に高校ごとのチーム戦のためスプリンターの役割や仲間の重要性も中心に描かれ読み応えのある内容になっている。

絵は劇画というよりはさっくりとした読みやすい紙面だが、ゴール前スプリントや激情を表現する際は、マイナーな線が増えもうしっちゃかめっちゃかな荒々しい場面となり、よくもまあ感情を上手に表現する事と感心する。

タイプが極端に違うのが「のりりん」。




鬼頭莫宏のイブニング連載中の自転車漫画。

自転車嫌いの主人公、丸子一典がアクシデントをきっかけに、自転車に詳しいラーメン屋の親子と知り合い、流れ流され自転車乗りになるといった内容。

「なるたる」や「ぼくらの」で、この作家のことは知ってはいたものの、次は自転車漫画とは(笑)

こちらは「弱虫」とは違いイブニングに掲載中とあって、落ち着いた内容。

普段の生活の中で、ロードバイクという趣味性の高い乗り物を経験し、深く関わっていくまでを丁寧に伝えている。

自転車にまだ乗っているシーンはないが、やたらと自転車に詳しいラーメン屋のお母さんの丁寧な語り口でロードバイクのいろはが説明され、これからロードバイクに乗ってみたいという方にも分かり易い。

自分は自転車の魅力を人に伝えられないので、この漫画を読ませて仲間を作りたいと考えたぐらい(笑)

どちらの作品も、作者が自転車を趣味にしているようで、出て来るバイクも実際の製品が登場し、用語も本格的。

実際に自転車に乗っている人はとても楽しく読めるだろうが、乗らない人もおもしろく読めるのではないか?

やはり自転車漫画の世界も仲間が重要。人との関わりを通して成長する主人公を見ていると、

自分は「ぼっち」のサイクリストなので、自転車仲間っていいなぁと少し寂しくも思うが(笑)

このジャンルの漫画はおもしろい事がわかったので、今度「シャカリキ」と「オーバードライブ」などを読んでみようかと思う。

でも、いつかおじさんが主人公の漫画を出してほしい。誰も読まないとは思うが(笑)

横須賀港軍港めぐり

今日も今日とてロードバイクに乗れない。

唯一バイクに乗れる土曜日がまたつぶれる。

今回は息子と以前から約束していた横須賀港の港巡りに行く。

息子は軍艦が大好き。

戦車も戦闘機も銃器関係も好き。

自分も小さい時から兵器が好きだったが、息子はそれに輪をかけて好きみたい。

男の子は得てして兵器関係が好きなものだが、少し不安になるぐらい興味を持っている。

このまま自衛官にでもなってくれればそれでもいいが、傭兵の外人部隊に入隊して、テレンスリーのようになったら困る。

朝も早よから起こされて新幹線で新横浜まで。

ブルーラインと京浜を乗り継いで汐入駅に着。

三笠公園に行く。

ちょうどよこすかカレーフェスティバル2012が開催中で、たくさんの人出があった。

IMG_0473.jpg


三笠に入場して見物。

以前、NHKで放送されていた「坂の上の雲」でおなじみの旗艦三笠。

意外に大きかった。

息子の付き合いで来たものの自分も少しテンションが上がる(笑)

IMG_7198.jpg

IMG_0478.jpg

ちょうどフェスティバル中なので、海軍カレーと海軍カレーパンをいただき、横須賀港へ。

1時に予約をしていた、観光船に乗る。

約150名ほどの定員だが満席。

こんなに人気のあるツアーだとは思わなかった。

軍事オタクみたいな方々も多かったが、一般の旅行客も多い。

日常にない感覚が好きなんだろうか。

img_1597830_47084401_0.jpg

45分ほどの乗船で、外から米軍と自衛隊の艦船を見るだけのものだが迫力は充分。

IMG_7307.jpg

イージス艦や潜水艦の迫力に圧倒される。

IMG_7318.jpg

ちょうど昨日、空母のジョージワシントンが出航してしまったらしく、見られなかったことが残念。

ほかの乗客もかなり残念がっていた。

乗員の説明も上手で楽しく見られた。

45分のツアーもあっという間に終わり下船する。

短い時間だが堪能できたと思う。息子も写真をいっぱい撮って満足そう。

私は基本的に戦争は反対である。

でも戦争にでもなったら、とりあえず自分と家族のために闘うのだとは思う。

国のために死ねるかと聞かれれば「無理」と即答するところだが。

兵器は人を殺すための道具ではあるが、自分を守るための道具でもある。

産業としても確立しているのは分かるし、それに従事し生活している人もたくさんいるので兵器自体は否定しないが、願わくばこの先ずっとお飾りのような存在であってほしいと思う。

おじさんガイツーしてみる

ガイツーというらしい。海外通販。

英語はからっきしの45歳は考えたこともなかったが、最近は日本人向けのサイトも増えた上、

相変わらずの円高基調でもあってイギリス最大手wiggleのサイトを覗いてみた。

最近、ホイール購入を諦めたのに、通販サイトとはなんぞやに理由がある。

高級ホイールは諦めたものの、鉄下駄といわれるWH-R500でも快適には乗りたい。

走りが変わると言われるホイールだが、タイヤやチューブを替えると乗り味が変わるらしいと聞いた。

今、履いているタイヤはVITTORIAのザフィーロ。1本310g

このタイヤのインプレがまた悪い。

「正直言って乗っていて怖かった」

「ドライだろうがウェットだろうがグリップは低め」

「自分で転がさないと進まない」

「しなやかさは皆無」

全てにおいて悪口である。

気弱な自分がここまで言われたら登校拒否を起こすレベルである。

初めて23Cのタイヤを使った自分からすれば、他のタイヤは知らないためインプレのしようがない。

ロードバイクはこんな乗り心地なんだと思っていた。

ただ良い事もある。

とにかくパンクしない。丈夫さが取り柄のようだ。


以前書いたが、ホイールの購入を先送りにしたことで小物買いたい病が発病したのと、

嫁に大腸ファイバーの検査代をもらったのとで少しお金も入ったので

良いタイヤを買ってみてはどうなのか?と思った次第。


タイヤ代は、消耗品ということもあってかそんなに高価なものではない。

ザフィーロは1500円ぐらいで買えるらしい。安い。

色々、サイクルベース名無しなどでレビューを見て、選んでいたのだが、

ここは失敗がなく、バランスの取れたインプレでおなじみの

Michelin Pro3 Raceに決める。

SS500_.jpg


近所のショップで確認すると、1本5,000円近くする。高い。

Amazonを覗くと、やはり送料込みで4500円ぐらいする。

安いところで3200円ぐらいだが、送料入れると3700円。

欲しい、アイボリーはもっと高かった。

そこで、安いと噂を聞いた海外通販サイトを覗いてみることになる。

見てみるとミシュランのPRO3のアイボリーは3120円で売っていた。

2本で6240円。

Wiggleは7000円ほど購入すると送料が無料になるらしい。

日本より安く買えた上、送料無料。さらにクーポンを使うと5%引き。

国内サイトで買物するのが馬鹿バカしく思えるほどである。

後少し買物すれば送料が無料になるので、もう少し買物を続けてみる。

う…。DedaのSuperZeroの白いシートポストが11000円で売っている…。

Superzero.jpg


以前から欲しかったフルカーボンのシートポストである。

Amazonだと15000円ぐらいで売っていたので諦めていた製品である。

アルミボディの自分のバイクにはカーボンのシートポストが欲しかったのである。



買ってしまった…。

お金も無いのに。

自分の行動がおそろしい。

普段、子どもに無駄遣いをするんじゃないよと怒っている自分が恥ずかしい。

支払いまでに考えようっと。

ここで問題がひとつ。

自分はネットが恐い。なんか騙されそうで恐い。

通販で、クレカ情報を打ち込んでいるのはAmazonだけである。

通販サイトでなくとも、住所やメアドを入力することにさえ、異常に恐怖感を覚える。

ましてや海外の通販サイトなんぞ恐怖の極みである。

アドレスやクレカ情報を入力するのに難儀した。

いろんな海外通販トラブルの情報を掲載したブログなどを拝見し確認しつつの入力である。

支払いはより安全そうなPeypalを使う。


さあ、後は無事に届くかが勝負である。

無駄遣いしたあげく、届かなかったら自殺ものである。

貧乏なおじさんは2万円以下でも簡単に自殺できるのである。

届くまでのワクワクはできた。併せて届くまでのドキドキもできた。

無事に買物できたら、また無駄遣いしそうで恐い。

高級ホイールの遠ざかる足音が聞こえる…。




おじさんがダイエットすると

大腸ファイバー飲んできましたよ。


やっぱり慣れない。

ホモの気持ちがわからない

解りたくもない


最初の先生の触診でビクッとするw


その後、カメラが入る


もう江戸時代の生娘なら

軽く入水自殺してもいいぐらいの辱めである



モニターに映る、自分の洞窟を情けない顔で眺めている


ミクロの決死圏を見ているような感じw


先生の所見ではきれいとのこと

問題はないとのこと



普通の人ならここでホッとするところだが

私としては大丈夫ならやらなきゃ良かったって思う


これからも毎年やらなきゃいけないので

そろそろあちらの世界を覗いて慣れてみようかと思う



話は変わるが、随分痩せた


76kgあった体重も70kgを切った

現在69kg



ウエストも最大92cmあったのが83cmまで落ちた

ロードバイクに乗りはじめ、4ヶ月


毎日乗れてるわけではないが

自転車のおかげだと思っている


自転車を1kg軽量化するのに

10万円かかると言われる



7kg痩せたので70万円分か(笑)

そんなケチ臭いモチベーションがあったから


でも10kgの自転車を1kg軽量化すると10%の軽量化

76kgの体重を7kgダイエットしても約10%の軽量化


そう考えると、やっぱり1万円分のダイエットかもしれないな…

まあそれでもいい


痩せる為に

消費カロリーを超えない摂取カロリーを心がけて来た


腹八分目ってやつ


嫁の協力もバカに出来ない

メニューは徹底してもらった

肉や油物を控え、野菜で腹を満たす

糖質を控えるために、穀物類を減らした

他人には甘いが、自分には厳しい方なので頑張ってきたつもり


ただ痩せたのはいいが、筋肉量も落ちて来た

これで自転車を漕ぐスタミナが無くなっては意味が無い

毎日長距離のサイクリングはできないので

簡単に歩く、走ると筋トレは続けている

もう少し頑張れば、標準体重の65kgと体脂肪率15%になる

夏までには達成したい



痩せてきて会う人会う人に言われるのが、「病気?」である

特にダイエットを宣言していないし

45を過ぎたおじさんが急激に痩せてくると普通そう思うだろう


皆が心配してくれる

その度に「ダイエットしてます」っていうのはOLみたいで恥ずかしいので

「自転車に乗ってトレーニングしています」って答えている

少しでも周りの友人達が自転車に乗ると

痩せて健康になるのかって思い、普及してくれるといいな



安物買いの銭失い2

明日は大腸ファイバーを飲まなければならない。

大腸ファイバーなので当然下から。

もう4回目なのだが全く慣れない。

慣れたら恐い(笑)

1時半の検査までに腹の中を空っぽにしておかねばならず、今から辛い。

自分は潰瘍性大腸炎という病気らしい。

難病の一つで発症の原因がわからず、治癒の方法も分からないらしい。

こんな風に書くと、死んじゃうんじゃないかと思われるだろうが、全然そうでもない。

症状としては血便と下痢、痛み等あげられるのだが、自分はなにもない。

だいたいが逆に便秘気味なぐらい。

何となく付き合っていかなくてはいけないぐらいの病気である。

かといって放っておくわけにもいけないので、毎年、お尻からぶっといのを飲まねばならないのである。


本題であるが、ホイールが欲しいのである。

表題にもある「安物買いの銭失い」に従えば、5〜6万円のホイールなんて買っていてはいけないのである。

欲しい欲しい!でも高いのは買えない!じゃあ少し安いので…。



これではいけないのである。

だから10万円以上のやつ目指すのである。

おそらくここでシマノのWH-6700やRS80。

マビックのKSYRIUM ELITEやAksium。

フルクラムのRacing5やRacing3などを購入しても、

2台目にフルカーボンやフルチタンなどの高価なバイクを購入した際に、そのホイールの性能に満足が行かず、きっと買い替えるハメになるに違いない。

Racing3やKSYRIUM ELITEあたりで7万円〜8万円ぐらいか?

2〜3万円足せばデュラエースやKsyrium SLが買える。


しかし、10万円といえば大変だ。

3万円の小遣いで買うとなると1万円づつ貯めても来年になる。

さらに、10万円で買ったアルミバイクに10万円より高いホイールってどうなのよ?

と言われそうだが…。

でもいい。いつか高価なフレームを買って乗せるのだ。

だから、少しタバコも減らしてお金を貯めるのだ!(禁煙をするとは言えない…)

安物買いの銭失い1

中学に上がり、吹奏楽部に入部した娘のフルートを買いに出かけた。金山の管楽器専門店。

未経験者なので入門用モデルが欲しいのだが、当然ピンキリである。

ヤマハの入門用で78,000円ほどから。

もっと安いモデルも探せばあるのだけど、さすがに専門店なのでこの価格から。

吹奏楽やクラシック音楽には天井知らずの機材が多い。

自転車はどんなに高級品でも200万円ぐらいだが、楽器は億単位である。

弘法筆を選ばずと言うが、プロはどんな楽器でもいいというわけではない。

こだわり抜いて選んでゆく。そこに妥協はない。

しかし、娘は初心者である。いや未経験者である。

これから先、続けて行くのかさえわからない。

フルートが合っているのかさえ分からないのである。

そんな人間に高価な楽器を買うのは勇気のいる買物である。

それは私がロードバイクを初めて購入した時も同じだった。

エントリーモデルは10万円ぐらいからある。

高い機材は200万オーバーである。

経験者やベテランの人間は当たり前のように言うだろう。

高いもの買っておけ。後悔はしないから。

そうでしょうとも。

自転車にハマった自分は今、後悔している。

どうせ2台目を購入することになるのだから、最初から高価な機材を買っておけば良かった。

しかし、自分が本当にバイクにハマるのか、続けて行けるのかなんて誰にもわからない。

床の間バイクという言葉がある。

高価な機材を買ったものの、乗らない、乗り切れない、もったいない等の理由でバイクをしまいっぱなしにしていることをいう。

自分がそうならないなんて自分にもわからない。

予算の都合は大きかったが、やはりエントリーモデルを買い求め、ロードバイクのなんたるかを知ったうえでバージョンアップという普通の流れになった。

娘のフルートも悩むところだが、5万円〜20万円のエントリーモデルの中から結局13万円のモデルを購入した。

続けて行けば、きっと高いモデルが欲しくなるであろう。まあそれは仕方が無い。


自転車もフルートも、生活必需品ではない。

どちらかといえば嗜好品に近い。

高い機材は贅沢品である。

が、やはり高価な製品は高価なだけの理由がある。

性能や耐久性はもちろん、モチベーションだって違う。

以前、サイクル用のリュックサックを嫁に買ってもらったが、とても使いやすかった。

背中が汗ばむこともなく、乗車中の扱いも快適そのものであった。

k_1130304_bk.jpg

きっと自分の小遣いで買うことになっていたら、とりあえず2〜3千円の安いリュックを買って後悔していたと思う。そして、改めて今回買ったリュックに買い直していたと思う。

まさに安物買いの銭失いである。

予算が限られているのは仕方が無い。

また分不相応という言葉もある。

しかし、これまで長い人生の中で学んで来た経験を活かし買物は慎重に気をつけて行いたいと思う。



だから後悔しないためにも、娘よフルートを続けておくれ。



猿投山登山

GW後半の3日目。家族4人で猿投山へ登山。

登山といってもハイキングぐらいの山なので、軽い感じで。

本宮山に登ろうかと出かけたものの、上りの東名が朝から渋滞しており、

帰りも大渋滞が予想されたので、名古屋ICを乗ったものの、急遽名古屋瀬戸道路へ方向転換し、猿投グリーンロード方面へ。

前にも1度登っていたが、近くでお手頃な山なので、猿投山へ。

9時に登山口へ。途中休憩もなしに頂上へ。子どもたちとゆっくりなので1時間半ぐらい。

このまま着た道を戻るのもつまらないので、東の宮から西の宮を目指す。

578941_302803176467184_100002125123273_669752_1236607359_n.jpg

自然観察道を下ってゆく。

こちらは人も少なく、秘境っぽい素敵道。

猿投7滝付近で昼食に。

ここで2リットルの水とおにぎりをさようなら。

昼食を食べるまでリュックが重いこと重いこと。

携帯コンロでお湯を沸かし、カップヌードルとおにぎりで昼食。

普段食べる事の無いカップヌードルだけど、山の中で食べるとなぜか美味しい。

その後、猿投7滝遊歩道を経て駐車場へ戻る。

578941_302803136467188_100002125123273_669750_964645250_n.jpg


下山すると暑かったけど、山の中は快適。

最高の山日和だった。

途中舗装路をヒルクライムトレーニングする何台かのロードバイクに出会ったが、この猿投の周回コースは良いかもしれない。

今度自転車を持ってきてみよう。

三河湾周遊

やっと1日時間ができたので、ロングライドに出かけてみる。

行程はまずこんな感じ。



阿久比町を出たのが6時ごろ。

まず、半田の衣浦の海底トンネルを目指す。

自転車は通れないと思っていたのだが、歩行者・自転車用のトンネルがあるらしいので利用してみた。

入口はこんな感じ。

IMG_0459.jpg

これは碧南側。

地下11階まで自転車を押して下ると、ZIP FMが流れる不気味なトンネルが。

IMG_0458.jpg

ロードバイクの人たちも結構利用していた。

三河に入ると一気に蒲郡を目指す。

竹島で一服。ここまで2時間。

IMG_0462.jpg

まんまんまんぞく!1本満足!で補給。

あのつよし君はキレてるw

IMG_0463.jpg

竹島周辺は潮干狩り客で大渋滞。

放射能汚染に異様に関心の高い嫁のおかげで今年は潮干狩りしないだろうな…。ここらあたりで放射のは関係ないだろうに(´・ω・`)

その後、豊橋にある実家を目指す。

行きの行程は軽く漕いでいるだけで、常に30km/hが出ていた。

もしかして脚力が付いて来たかと思ったが、この日、北西の風11m。

これだけの追い風ならそりゃ楽だわww

実家で2時間程オトン達と過ごし、おにぎり作ってもらって出発。

伊良湖岬を目指す。

ここからが地獄の行程。

11mの激アゲインストである。

本来、気持ちのいいはずの伊良湖サイクリングロードが鬼のトレーニングコースとなる。

膝が痛い。

ゆっくり休み休み走る。

15km/hも出ない。泣きそうである。

1時にやっと岬にたどり着いた。

ここからフェリーに乗せて知多半島へ。

フェリーの時間を待つ間、しらす丼を食べる。旨かった。

541066_302183209862514_100002125123273_668525_1962302699_n.jpg

40分で師崎港に到着。

ここからも真向かいの風。



4時に車に到着。

140kmの行程。向かい風死ねました。

でもまた回ってみたいな。無風の時に。

欲しいものきりがない

ロードバイクを趣味にするとお金がかかると誰かが言っていた。

始める際は最初に完成車を買ったら後は乗るだけと思っていた。

買ったとたんにどうしても必要な物がある。

ポンプとライト類。ワイヤーロック。

走り出すと必要な物。

車載ツール類と交換用チューブ、タイヤレバーに携帯ポンプ。ヘルメット。それを入れるバッグやツール缶。ボトルケージ。

帰って来たらいるもの。

メンテナンス工具にオイル、ケミカル類。

慣れて来たら必要な物。

レーパンにビンディングペダルとシューズ。サイコンにアイウェア。サイクルジャケット、グローブ。

少し距離を乗れるようになると必要な物。

車載ナビに輪行バッグ。

そして、新しいホイール。上位コンポ、2台目のフレーム…。

そしていつでも欲しているのが丈夫で長持ちをする脚。

当たり前のようにグッズが増え、あたりまえのように弄りたくなる。

あまり他に類を見ない趣味。

大けがをしない限りは続けていけそうだけど、なんとか有限の予算の中でこの物欲と闘っていかなければね。


明日からゴールデンウィーク。

4日の丸一日と6日の午前中は確保した。

まずは4日の三河湾一周。

無事にサイクリングに行けるといいな。

きっとまた邪魔が入るんだろうな…。






カスタマイズの行方

昨年、シマノのティアグラは4600系となりコンポも10速を採用。上位との互換性ができた。

現在、自分のアルミバイクにはティアグラの9速、4500系が付いている。

型落ちのコンポが付いていたからというのもあり、自分のインタマレイズはとても安く購入できた。

このティアグラというグレード、シマノのコンポーネントの中では4番目の位置づけとなっている。

レースで使うには物足りないが、ツーリングや街乗りには充分な性能がある。といった感じ。

正直、自分はティアグラコンポを使っていてなんの不満もない。

まあ、他の上位機種を使った事がないので比べようもないのだが、これはこれでシャキシャキ変速するし、スムーズに働く。

これで、高級ロードバイクを軽く抜きさる剛脚でも持っていれば気分もよかろうが、

入門用のアルミ完成車とのセットの貧脚だけに、併せての貧相感はいなめない。

街中やサイクリング先で、デュラエースで固めたフルカーボンの高級バイクに出会うと恥ずかしくなってしまう。

そんなこと気にするなと言われればそれまでなんだろうが、やっぱり上位機種は欲しい。見栄っ張りである。

いつかはクラウン世代でもあるし、バブル世代でもあるのでどうしても見栄を張る悪いくせがある。



ショップに一度上位機種に換装する相談をした事があるが、コンポはこのままで、その分の予算をホイールに回した方がいいと言われた。確かにそうだなと納得。

これでティアグラをアルテグラやデュラエースに換装したところで早く走れるわけではない。

ただ、シフトチェンジが早くなるだけである。

そりゃ、レースに出て数秒を争う場面に遭遇した場合、シフトチェンジの優位性はあるのかもしれないが、数秒の差である。

重量や耐久の問題もあるかもしれないが、自分のレベルでは気にする程ではない。

そんな考えの後、コンポはこのままで行こうと決めた。

上手にメンテナンスをして気持ちよく乗れればいい。


そうと決まればホイールにお金をかけたいのだが、それでもお金がないことには変わりがない。

少しずつでもお金を貯めるしかない。

それまでの間、小物色々買いたい病を抑えるのは難しいが、これぐらいの物欲は無いとストレスが溜る。

さあ、明日からゴールデンウィーク。

ここまでの走行予定はガタガタ。前半も雨模様。

少しぐらいは遠くへ行きたいな…。
プロフィール

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング