ブレーキシュー交換

今日はロードバイクをプチカスタムする。

カスタムといってもブレーキシューの交換なんだけど。

今はデフォルトでティアグラのブレーキキャリパーが付いているのだが

このティアグラのブレーキが効かない。

ロードバイクのブレーキは効かないとの噂があったが、ティアグラのブレーキがそのウワサの主なんじゃないかっていうぐらい効かない。

下ハン持ってきゅっといけばそれなりに止まるのだが、ブラケットから握り込むともびっくりするぐらい止まらない。

最初から履いてるWH-R500のホイールとの相乗効果でこの上なく止まらない。

この前、ブレーキかけ損ねて落車した。

自分が初心者だから転けただけなのだが、ここはブレーキのせいにしておく。

できればキャリパーごと交換したいのだが、12000円ぐらいする。

今日、小遣いが入ったのだがブレーキだけで1/3が飛んで行ってしまうので、シューだけ交換することにする。

ブレーキシュー

これ。

前後で3900円。

これだけでも高い。ちょっと我慢してキャリパーごと変えた方がいいのかもしれないけど

今はこれだけでも精一杯。

気休めかもしれないけど、これでブレーキの効きも、気分も少し変わるのならいいかも。



着けようかと思ったけどこんな時間なので明日着けよう。

どれだけ効果があるのかわからないけど、お店の人が効くようになりますよって言っていたので多少は違うのであろう。

いっしょにクリートカバー買って来た。

クリートカバー

1300円。

クリートは使っていると、すぐにボロボロになる。

クリートは1セット1500円〜2000円ぐらいだから、

カバーをマメに着けて、ローテーションしていたらそれなりに長持ちして節約になるかもしれない。

ケチ臭いがそのうち高価なホイールを買いたいのでそれまでケチ臭く過ごすのだ。
スポンサーサイト

サイクルロードレース鑑賞

やっとケガの傷みも和らいできたが、痛い事には変わらない。

あれから自転車に乗っていない。

とても乗りたいが、春を迎え最高のサイクリングシーズン突入したにもかかわらず、ケガが悪化して棒に振るのも怖いのでもうちょっとだけ自重。

もう歳だから。

自分が無理をするとその後どんな結末を迎えるのかも想定できる。

まあケガの治りも遅いけど。

だから今日もウォーキングだけ。少しずつ慣らしておかないと。



自分は仕事中にテレビをつけている。

子どもではないのでテレビに夢中になって仕事が進まないということはない。

数ヶ月前まではゴルフチャンネルかゴルフネットワークを1日中流していた。

疲れきった時に横を向くと、美しいコースでゴルフをしている。

マスターズが開催されるマグノリアやTPCソーグラスなど美しいコースは多い。

こんなところでゴルフをしてみたいと悦に入る。

それがロードバイクに乗りはじめたらサイクルレースの番組を中心に見るようになった。

シーズンも始まったので、Jスポーツでいくつかのレースをやっている。

先週、ヘント~ウェヴェルヘムが終わり、次週はツール・デ・フランドル。

テレビで放送する意外にも、世界中でワールドツアーは行われているが、

何しろサイクルロードレースは一般的には不人気なため放送が少ない。

ゴルフネットワークなどのゴルフ専門チャンネルがあるのだから、自転車専門チャンネルがあってもいいのに。



自分はプロの試合を見るのが大好き。

野球やバスケ、F1や卓球や柔道でさえもスポーツ中継はことごとく見ている。

なぜかサッカーだけはあまり見ない。

嫌いではないのだが、あまりにも点が入らないので、見ていてもつまらない。

仕事に熱中している間に点が入るから必ず見逃す。

そりゃ守っている側もトッププロなんだから点はそうそう入らないのだが。

点の入らないサッカーだからからこそ、点を入れる為の組立てが重要なんであろう。

その仕組みみたいなのが理解できるとキット面白いんだろうな。

サイクルロードレースは最初から最後まで熱中して見ていられる。

美しい景色の中、美しいフォームで走り抜けるレーサー達をサイクルロードレース特有のユーモアある解説、実況陣が延々としゃべり続ける。

クラッシックの長いレースだと290km以上も走る。

そこを平均時速45km/hで走り続け、最後にスプリントする。

尋常ではない人たち。

ロードバイクに乗る前からツールとジロぐらいは見ていたが、バイクに乗ってからはその大変さが分かるので余計に面白く見ていられる。

アベ45km/hって凄い。

山岳ポイントで12%ぐらいの坂も登って、300km弱走ってからの平均時速45km/hである。

100kmをアベ25km/hで限界の自分ではドーピングをしたって絶対にたどり着けない領域である。



ゴルフをやっていると、極まれにだがバーディーを取れることがある。

こんなへたくそゴルファーでも、プロが必死になって取りに行くバーディがひとつでも取れることがあるのだ。

そりゃ300ヤードは飛ばせないが、10mのパットは入る事がある。

内容は違えど、プロと同じ事ができる瞬間があるのだ。

だからゴルフはやめられない。

ゴルフが地上波で放送され、競技人口が多いのもうなずける。



でもサイクルロードレーサーの真似は間違ってもできない。

だからプロチームのレプリカウェアを身にまとい、プロのような機材に高いお金をかける。

これでカベンディッシュやカンツェラーラに少しでも近づいた気分になるのかも。

それもロードバイクの楽しみ方のひとつ。

あの脚は手に入らずとも、金さえ積めばチームサクソバンクのバイクは手にできるのだ。

今日もショーケースの高価なトランペットを憧れのまなざしで見つめる黒人少年のように、高級自転車メーカーのサイトを眺め続ける私なのである。

改造したい。

という空想をしている。毎日。

ロードバイクを趣味にする人は多い。

それにどのように向き合うのかは人それぞれ。

鉄道ファンもいろいろあるらしい。

鉄道写真を撮るのが好きな人。これを撮り鉄という。

鉄道に乗るのが好きな人。これを乗り鉄というらしい。

他にもジオラマを製作する人。時刻表が好きな人。中には車両の台車を愛する人がいるらしい。

自分はゴルフも好きなのだが、私はスコア至上主義である。

とにかくクラブはなんでもいいのだが、より良いスコアで上がる事だけを目標にしている。

だから練習を毎日のように行い、スコアアップするためには何が必要で、何が不必要か研究を重ねてきた。

そのわりにはHCが縮まらないのだが、その辺がゴルフの奥が深いところ。

先程、クラブはなんでもいいと言ったが本当は何でもいいわけではない。

やさしく、誰よりも遠くへ飛ぶ高価なクラブがいい。

しかし、小遣い3万円のおじさんには、プレイ代もかかる上に、自分に合わないからといってそうそう買い替えることはできない。

ゴルフ仲間は魔法のドライバーはきっとあると信じて今日もNEWドライバーを買いにでかけている。

練習などしなくても、自分のスイングにぴったりのクラブがあると信じている。

また、ゴルフ観戦が大好きで、テレビを見たり、実際に観戦にせっせとでかけるお方もおられる。

道具を愛する人。自分の力量を愛する人。それを見るのを愛する人。

趣味への向き合い方は人それぞれである。

自転車を趣味にする人もいろいろいるよね。

自転車自体に種類があるため、ここではロードバイクに限定するが、

まず、速く走る為にとにかく脚を鍛える目的でバイクに乗る人。

もう自転車なのかトレーニングマシーンなのか、その区別はない。

200kmを40km/hで巡航し、アベ35km/hを獲得する強者たち。

また、お金を際限なくつぎ込み、高価なバイクを造り上げる人。

総額200万円のバイクには凄いが、そこにたどり着くまでに倍以上は使っているであろう。

床の間バイクという言葉がある。

自分だったら200万円もかけたら、部屋に飾っておきたいな。


このレーサーと金持ちの両者は重なり合う事が多いような気がする。

両者ともパッツンパッツンのレーシーな格好で、おしりもぷりんぷりんさせて走る。

軽い=速いというのはあながち間違いではない。

剛脚の人が6kg前半のバイクに乗れば、それは驚くようなスピードで峠道を登って行くことであろう。

ロードバイクは、昔はロードレーサーと呼んでいたような気がする。

いつからレーサーではなくなったのだろうか?

ロードレーサーはレースをする人をさすのでややこしいからかな?

一方、ロードバイクをひとつの道具としてとらえる人も多い。

野山や海へ行く。できるだけ自分の脚で行く。

そこでハイキングをする。写真を撮る。キャンプをする。

距離も速度も関係ない。景色を楽しみながら走り、ポタリングぐらいがちょうどいいと感じている。

じゃクロスバイクでいいじゃまいか?とも思うが、クロスバイクではきっと許されないのであろう。

自分はどんな趣味にしていきたいのかはまだわからない。

ロードバイクに乗る以上、肉体を改造し、車体を改造し、身なりを改造し

りっぱなロードマンになりたい。

45歳からなれるロードマンはたかが知れているが、そんな所も自分のスタンスでいいじゃないかと思う。

手始めに肉体の軽量化を始めた。

自転車に乗らなければ思わなかったことのひとつ。

もうまだ2週間ほどだが、もう2kg以上落ちた。

体脂肪率も3%落ちた。

現在74kg。

ただ痩せるだけではおじいちゃんみたいな身体になってしまうので筋トレも始めた。

腹筋を100回。腕立てを30回。懸垂を10回。

ウォーキングは毎日4km。

肉体改造は毎日できる。毎日少しずつ。無理をしない。

バイクはどうやって改造しようか。

こればっかりはお金がないので空想の毎日である。


弱い自転車

落車してぶつけた所がまだ痛い。

指もぶつけていたらしく腫れている。

今日も嫁のクルマで会社まで送ってもらった。

打撲の腰と大腿骨はまだ痛いけど自転車に乗れないほどではない。

心配性の嫁が、まだだと言って自転車に乗らせてくれない。

嫁の中では自転車は一気に危険な乗り物に豹変したようだ。

確かに自転車は弱い乗り物である。

現在の道交法では原則車道の通行を義務づけられている。

かといって車道には危険がいっぱいである。

路側帯の整備は進んでいない。

名古屋にもチラホラ自転車専用通行帯が出来はじめたが、自転車の少ない場所に堂々と作られている。

試験的な意味もあるらしいが、外堀通りと桜通ぐらいでは試験にもならない。

広小路通りや久屋大通あたりできちっとやってほしい。

ベルギーやオランダに行った時、その自転車の多さと自転車専用道の整備のされっぷりに驚いたことがある。

中国に言った時は、堂々と車道の真ん中を走る自転車の強さに驚いた。

日本も見習って欲しい。

駐車車両も多いので車道を走る時は気を使う。

初心者の私は、後ろを向くのが苦手である。

後方確認をしっかりするには立ち上がらないと見る事ができない。

最近は真剣にバックミラーの導入を考えている。

こんなんや
090515-01.jpg

こんなの
101014-003.jpg

こんなのもいいかも
images.jpg

目立たなくていいかも

こんなヘルメットにつけるものもあるがこれはどうかと思う。
images-1.jpg

なんか目の前の画像に気を取られそうだが、一番見やすいかも。



私も、もう少し慣れれば堂々と車道も走れると思うのだが、あまり気を使いすぎて逆に危ない存在になっている。

気を使っていても、タクシーやトラック、DQN車には煽られ幅寄せされる。

携帯を使いながら右側を走って来るママチャリに車道側に押し出される。

歩道に退避して走る事もあるが、歩行者にはもっと気を使う。

ママチャリは歩道を走っていても、なんとも思われないが、

ロードバイクはその存在を否定される。

自分はクルマも運転するし、オートバイにも乗っていた、ウォーキングもするので、道を行き交う全ての人の気持ちにはなれる。

だからか気持ちをわかり過ぎてなかなか走りにくい。

元来、気が小さいだけでもあるのだが。

車道で嫌われ、歩道で嫌われる自転車。

弱い存在である。

1810年代にドイツで生まれた自転車。

その頃、ナポレオンがモスクワに遠征し、日本では徳川家斉が幕府をなんとなくやっていた頃である。

1888年にはダンロップさんが現在のタイヤを考え、フリーホイール機構も出来たと言う。


自動車よりずっと長い歴史がある自転車。

長い歴史を経て、エンジンのついたものに追い抜かれていった。

いつか自転車が道路の真ん中を堂々と走れる日が来る事を願うばかりである。





まだまだ痛い昨日の落車後。

お尻と太腿が痛い。

病院は行っていない。

しばらく自転車に乗るのはキツイかも。

今日は会社へは嫁のクルマで送ってもらった。

明日か明後日は少し乗ってみよう。少しでも良くなっていればいいな。


今日、近所のタバコ屋に出かけたところ、隣りの古い自転車屋にこれまた古いクロモリロードが置いてあった。

ちらっと見ただけなのでメーカー不明。

9800円だか8900円だかの値札。

状態も分からないが無性に欲しくなった。

実は20年程前まで、ロードマンに乗っていた。

ブリジストン ROADMAN RM-704だったと思う。

まっ黄色。

今、思えばあまり大事に乗っていなかった気がする。

雨ざらしだったし…。

今でもクロモリを見るとちょっと懐かしい。

なんか、気になるのでもう一度明日にでも見に行って来ようかな。

また落車

朝のソフトボールが、前日からの雨で流れたので3時間ぐらいサイクリングにでかける。

晴れていたけど強風。

トレーニングにはいいね。

北西からの風が強いので、脚が元気のうちに北西の方角、一宮・岐阜市に向う。

帰りに脚が売切れた時に追い風で帰る作戦。

出た時は晴れていたものの、岐阜に向ううちにどんより。
どんより
ちとやばいか?

走り出して15kmぐらいで少し降り出す。

それも雪。

Uターンして帰る。

そのうち少し雨が多くなって来たので、どこやらの運送屋さんの軒下で雨宿り。

雨もあがり、路面が濡れていたけど早めに戻る。

302号の交差にさしかかった時、歩行者用の道と車道が分けられた。

迷わず車道側に行けばいいのだが、22号線は路側帯が狭く、トラックも幅寄せしてくるので怖い。

22号線

脇に歩行者、自転車用の抜け道があるのでそちらへ向う。

自転車は降りて通行と立て看板があるが、ビンディングシューズを履いてつづら折のスロープを延々と歩くのもつらいので狭い自転車用スロープをゆっくり降りて行く。

Uターン箇所に差し掛かったとき、突然現れた緑のポールに激突。

あっと言う間だった。

避けた際、右に逃げたのもいけなかった。

左はビンディングを外していたのだが、右も外しておくべきだった。

右から倒れ、大腿骨根元と腰を強打。右膝と左手を擦りむく。

しばらく痛くて立ち上がれない。

自転車を見るとなんとか無事。

右のブラケットが曲がっていたが、ひねり戻す。

リアのディレイラーとSTIレバー、ペダルがガリガリ君だが曲がってはいないようだ。

ハンドルが少し曲がっているが帰れないことはない。

なんとか家に向うも、脚が痛くてゆっくりしか漕げない。

10分の距離を30分かかって帰った。

その日は起き上がれず寝て過ごした。

明日、傷みが増していたら病院へ行こう。

自転車は異音もないし大丈夫そうだが、少し見てもらった方がいいかな?

今回の落車の教訓としては、歩道は自転車を降りて歩くというこことと、できるだけ車道を気をつけて走るということ。

後、今付いているティアグラのブレーキの効きが悪いのでアルテかデュラクラスの船に付け替えた方が良さそう。

ビンディングシューズはまだ自分には早いのかな…。

バーテープ交換

結局、朝に残った雨でサイクリングに行けなかった。

ので、気分を変えるためにバーテープを交換してみる。

その前に、昨日ネットをぶらぶらしていたら、サイクリー名古屋店にパールイズミの未使用ジャージが5350円で売っていたので、近所なので直接買いに行く。
パールイズミUVロングジャージ

2008年ぐらいの型だけど半額だし気にしないからいい買物。

帰りに近所のショップでバーテープを買って来る。

dedaバーテープ白

Dedaのバーテープ/白 1,000円。

最初に購入した時から黒のバーテープが着いていたのでそのまま乗っていたのだが、白いフレーム、サドルなので統一して白にしたかった。

まだ、今着いている黒のバーテープは新しいけど交換。

初めて巻くので要領はわからないが、まあできるだろう。

黒いバーテープをクルクル剥がす。
交換2

剥がした後。

糊も残らずきれいなもん。
交換3

猫が興味津々で見てる(笑)

事前にブラケットをめくっておき、仕上で巻くビニールテープをフレームにちょい貼りして用意しておく。

新しく買って来た白のバーテープを巻きはじめ。
交換4

慣れていないので、力の入れ具合なんかがわからないがまあなんとかなるだろう。

ブラケット部分をクリアして
交換5

仕上。
交換6

片方が完成。こんな感じ。
交換7

同じ要領でもう片方も巻く。

片方で慣れたので調子よくクルクル巻く。

このバーテープ、dedadeda連続で刻印が入っているのだが、きれいに左右対称にするのが難しい。

結局大きくずれたが、まあ初めてだし良しとしよう。

交換8

バーテープを買いに行った時、白だし汚れにくい素材を探したのだが、汚れにくい素材は滑りやすいし、考えた末にマメに交換することを前提に安いやつにした。

上手に左右対称にする技術がないので、次に買うときは刻印や柄のないものにしよう。

交換9

バーテープの交換はプチカスタムだが、雰囲気が変わるし気分もいい。

お金ができたらハンドルやステム、シートポストなんかも白にしてみたいな。





また週末は雨




これでサイクリングに行けない事が決定



雨は午前中で上がるらしいが

水たまりの上を走るのは嫌いなので走らない


背中がビチビチッてなるのが嫌い


サイクリングは家庭の事情で土曜の朝しか行けない



子どもたちは土曜日の午前中に

勉強や習い事で忙しいので

お父さんは自由になる


朝から走りはじめて12時までだから5〜6時間は使える

計算で行くと100kmだが

まだ達成できない


家族が居て、さらに小学生の子どもが居たりすると

なかなか1日使ってロングライドするのは気が引ける

家族のことを気にしないで

休みをエンジョイするお父さんもまれにはいるが

自分はできれば家族の理解を得たうえで趣味は楽しみたい


ゴルフは月に1回


Aクラスの月例は第2日曜日だから

この日だけは1日中貰っている


ソフトボールは不定期に日曜日の午前中

だいたい月に2日ぐらい


日曜日の午前中だけのご利用


ソフトボールは、私みたいなへたくそが居なくても試合にはなるので

時々家族の用事を優先してお休みする


その上、サイクリングを趣味に取り入れるとなると時間がなくなる


できれば気持ちよく遊びに行きたいので

できるだけ家のことはするようにしている。

家族でサイクリングできたら楽しいだろうな

とも思う


そしたら気兼ねなくサイクリングできる

でも嫁や息子たちにスポーツバイクを薦めたが嫌がられた…

これでまた、ひとつお父さんの

我がままな1人趣味のできあがりである


後、2年もすれば息子も中学生になるから

日曜日にお父さんとでかけるようなことも無くなるし

日曜日のお父さんの役目も終わるだろう

そうしたら大手を振って遊びに行けるに違いない


今日もそんな日の為に

ルートラボで行く宛の無いルートを描き貯めている

ツールボトルは逆さまに使う

今日自転車で打合せにやって来たお客さんがいた


古いルイガノのバイクなのだが

本人まったくメカに無頓着でキイキイ言わしてやってきた

自転車を買ってからこのかた

チェーンにオイルを注した事がないらしい


真っ赤に錆びて空っからに乾いたチェーンがかわいそう


そんなチェーンを見ると放っておけない



オイルを丁寧に注してあげた

オイルを注していると、後ろから「そんな所にオイルを注すのか?」と驚いていた。



そんなあなたに私は驚くよ



走りが違うと喜んで帰って行ったが

その後あの人が自転車にオイルを注す事はないだろう



よく浮浪者が犬や猫を連れているのを見かける

ペットは自分が飼ってもらう主人を選べない


同じように自転車も乗ってもらうオーナーを選べない



皆が自転車を大事に乗ってくれることを切に願う



そうは言いつつ、ルック車に乗っているときは

自分もあまり自転車をかまってあげていなかった



ロードバイクに乗り出してからというもの

マメにメンテナンスをしている



メンテナンスすることも含めて

ロードバイクに乗るという

趣味の一環だと思っているから



ロングライドから帰って来た日も

チェーンメンテだけはしておいた



きれいなチェーンは気持ちがいい

また出かけたくなる



この前のツーリングの途中で

ツールボトルの蓋を落とした


気がついたら蓋が無かった


振動で少しずつ緩んで落ちたらしい

中身は交換用チューブとタイヤレバーぐらいだが

開きっぱなしなのはよろしくない

会社の帰りに近所のショップに行って来た

以前使っていたのはシマノPROのツールボトル

IMG_0327.jpg

今度はカブトのツールボトルにした。900円

カブトツールボックス

中に交換用チューブやレバー、アーレンキーを入れているのだが

カタカタ言うのでハンドタオルを巻き付けて収納していた

カブトのツールボトルは内側にウレタンが巻いてあり

カタカタが軽減される優れもの


レジに行った時、店員さんに蓋だけは売ってないのか聞くと

それは無いらしい

「皆さんよく落とされるんですよ」と言っていたので少し安心(笑)


逆さまに刺しておくといいですよってアドバイスをもらう

当たり前といえば当たり前だが目からウロコ

普段、開け閉めするものじゃないからいいアイディアじゃないか

これからそうしよう

軽量化

フェイスブックの友人が、ロードバイクでのポタリングについて自分のバイクをアップしていた。

自転車に乗っているのも知らなかったが、写真をよく見るとインターマックスのAQUA。

珍しい。仲間だ。

今度ツーリングへのお誘いコメントを送ると、近いうちにと返信。

自転車仲間がいない私はうれしい。

どこへ行こうか。


昨日のツーリングの後、体重を量ると1kg減っていた。

ロードバイクはダイエットによく効く。

誰かが「ロードバイクは街中がフィットネススタジオになる」といっていた。

そんな気がする。

適度な有酸素運動に適度な筋トレ。そして気持ちがよくて痩せられる。

しかし自分のダイエットは健康の為だけではない。

バイクの軽量化でもある。



自分のバイクは10万円の吊るしの安ロード。

正直、ツーリング中や街中で出会う50万円はするであろう高級バイクをみると恥ずかしくて下を向きたくなる。

でも今はこの10万円のエントリーモデルのバイクが、自分の精一杯の愛車である。

そりゃあ高級軽量ホイールやサドルを装備して少しでもバイクを軽量化してみたい。

しかし小遣いの少ないお父さんにできる軽量化は体重を減らし、脚をつくることである。

100gの軽量化に数万円かけるより、1kg体重を減らす方が手っ取り早い。

こんな10kgはあろうバイクでも、ランスアームストロングや中野浩一が乗れば街のレースでぶっちぎってくれるであろう。

以前、シングルさんとゴルフをしている時、私のドライバーを貸してくれといって、こともなげにナイスショットをしたことがある。

ゴルフは道具にもこだわるスポーツである。

皆が、ナイスショットしか打てない魔法のドライバーを探し回っている。

しかし、本当に上手な人はどんな道具でも軽々使いこなしてしまう。

それと一緒。

要はエンジンなのだ。

45のおじさんが、これからできることなんかたかが知れているのだが、

人様に迷惑をかけなくなるぐらいの走りは手に入れたい。

でもいつかは高級カーボンフレームに、デュラエースなんか組んで乗ってやる

3年後には立派なバイクが欲しい。そんな物欲は必要。

だからそれまでに、そんな素敵バイクに見合う脚と体力を備えておきたい。







初の100kmに挑戦2ndその2

なかなか自転車に乗れないまま1ヵ月が過ぎ、春らしくなってきた。

せめて100km乗れないと、いつまでも初心者から初級者になれない。

まだまだ寒いけど今日はお昼まで時間が取れたので100kmに挑戦。

前回の挑戦は途中の降雨で引き返したので55kmで終了。

今日は晴天。行かねばならぬ。

予定ルートはこんな感じ。


これで91kmちょっとだが、道草食えば100km行くかも。

朝6峙半に出発。まだまだ寒い。

昼間との気温差があるので、厚着をして行くと脱いだ上衣とかに困りそうだから

そうのうち暖かくなるだろうと思い薄着で出発。

家を出て旧41号を北上。まだまだクルマも少ないから走りやすい。

ナビを持っていないので標識が頼りである。

走っているうちに身体は暖かくなるのだが、スッカスカのメッシュになっているSPD-SLシューズは寒い。

足の指が凍傷になりそうw

しばらく走って自販機でスポーツ飲料を補給。

そこでツールボトルの蓋がないことに気がつく。

どこかで落とした?走っているうちに緩んだのかも。

蓋だけって売っているのだろうか?

交換用チューブやレバー、アーレンキーなんかの中身がでないように気をつけよう。

50分のところで古墳を発見
青塚古墳

青塚古墳というらしい。犬山市の市指定文化財で史跡公園として整備されている。

41号に出て犬山を目指す。

家から1時間で犬山城に到着。
犬山城
ここまで23kmぐらい。

ここから今日の走りたかった木曽川サイクリングロードに向う。

2chなど見ると、最近整備も進み、かなり走りやすいとのうわさ。

すいとぴあ江南あたりからサイクリングロードが続く。
木曽川サイクリングロード
きれいに歩行者と自転車道が色分けされ平坦な道が走りやすい。

公園にぶつかっては堤防に上がったり下がったりとわかりにくい場所もあるが基本的に気持ちがいい。

27〜28kmぐらいで巡航できる。

遠くに木曽三川公園のアーチが見える。
木曽川サイクリングロード2

途中、名鉄木曽川堤駅付近でサイクリングロードが中断、工事が行われがまだまだ整備せれてゆくらしい。

その後、岐阜街道、濃尾大橋、名神高速を越え愛西市へ。

このあたりまで来ると足が売り切れ状態。

向かい風も手伝って、自転車が前に進まない。

少し休憩を入れながら走る。周りになにも風を遮る物がないのでモロにアゲインストを受ける。

遠くに伊吹山

遠くに伊吹山が見える。いつか自転車でヒルクライムをしてみたいが、こんな貧脚では2合目付近で棄権だろう。

もう最初は自転車が壊れたのではないかと思い、ブレーキの辺りを見たぐらいであるw


愛西市の友人宅にノーアポで寄る。

自転車で来た事に驚いていたw

11時になっていたのでそのまま帰路へ。お昼に自宅へ到着。

帰りは順調だが、街中なので疲れた。

走行距離は92.5km。

乗車時間は4時間弱。

Ave.23.1km/h

結局100km挑戦は失敗。

また次回への持ち越しになった。

朝は寒かったけど、サイクリングするには最高の気候だった。

もうすぐ桜も咲く。

これからもっと距離を伸ばして行きたいな。

もう足、へろへろw


明日は100km挑戦2nd

明日はやっと走れそう(予定)

犬山城回って木曽川を下ってみる計画

予定では91kmちょっとだけど

おそらく道に迷って100km行けるだろう。

初めての100km(予定)だから楽しみ。

ロングライドすれば、ポジションの調整も少し進むだろうか?

ちょっと漕ぐだけであちこち痛いのは、ポジションのせいなのか貧脚のせいなのか。

ちょっと漕ぐだけでやたらと疲れるのは、ペダリングのせいなのか貧脚のせいなのか。

精一杯漕いでもスピードが出ないのは、バイクのせいなのか貧脚のせいなのか…。

おそらく全部貧脚のせいだろう(笑

たくさん乗ったら疲れなくなるのだろうか。

たくさん走ったら巡航速度があがるのだろうか。


以前、ジョギングを少ししていた。

始めた当初は1km走るのも息絶え絶えだった。

毎日、少しずつでも我慢して続けていたら普通に5km走れるようになった。

腹筋もそう。

最初は10回から始めた。

毎日、毎日続けていたら100回できるようになった。

人間ってすごいな!って素直に思った。ゴルフは毎日練習しても上達しないが…。

だからこんなおじさんの弱足ペダルでもいつか速く走れるようになるのかもしれない。

そんな日がくるまで楽しんでがんばろう。

今日の献立
朝:トースト、タマゴ、アボカドサラダ
昼:とろろソバ
夜:スキヤキ(糸こんにゃくと白菜を中心に)
計1900kcal

体重、75.5kg
体脂肪率、25%

雨が多いね

なぜか週末は常に雨。今週も走れず、ウズウズ。

今週から、今シーズンの町内のソフトボールリーグが開幕。

降雨コールドで順延。また来週。

ソフトボールを始めたのは30歳ぐらいのこと。

15年もやっているのにうまくはならない。

うまくなろうと思っていないのがいけないのだけど、もともと球技は苦手。

小さい頃から手にボールが着かないっていうか、取ったり投げたりが苦手だった。

だから自然と水泳などやっていた。水泳は個人競技である。

自らの記録をたんたんと更新してゆくことに面白さがある。

ゴルフも似たところがあるので好き。あまり更新できないので面白くはないのだが。

だからチームプレイはあまりした事がなかった。

自分のせいで負けたり、自分のおかげで勝ったりというのがわかりにくい。

チームメイトは小中高と野球をやって来た人間などもいるので、ゲームという流れを把握し、楽しんでいる。

自分は今だに楽しめていない。

自転車は個人の乗り物である。

自己研鑽の乗り物である。

足を作り、心肺を鍛え、いつかは剛脚を持ったおじいさんになってみたい。

大勢で走るのも楽しそうだが、私には自転車に乗った友人が居ないので、今はひとり鍛えるしかない。

午後から雨も上がり、時間ができたので、犬山城あたり行って来ようと走り出すも
水たまりは多いし、途中ぱらぱらして来たので帰還。

自転車拭いておしまい。

少しの間だったけど、サドル位置を調整しながら走ってみた。

係数をもとに高さを出すと、BB-サドル間は688mm。

これにレーパン履いて、ビンディングシューズ履くともうちょっとあげてもいのかしらん?

10mmほどあげて今は700mmぐらい。

長距離を走ってないのでわからないけどこんなものなのか?

あいかわらず手は痛いし、ハンドルの握り方すらよく分かっていない。

明日は春分の日。

少し早起きして出かけたいな。

花粉症対策

また週末に雨。

土曜日しか時間的にサイクリング行けないのに、いつも土曜日は雨。

悲しいけど、花粉症の人には快適かも。

自転車乗りに花粉は大敵よね。

なにげなくサークルKに寄ったら花粉症用のアイウェアが置いてあったので迷った末、購入。980円。
ゴーグル
ちょうど、スキーで使ってた色の濃いゴーグルしかなくて

夕暮れのサイクリングの色の薄いアイウエアが欲しかったから。

ネットでオークリーなんかの紫外線で色が変わるヤツなんか欲しいけど高価だし…。

花粉症対策用なのでフードが着いていて風の巻き込みが抑えられて自転車にちょうどいい。

滑り止めも着いてるし、かけ心地もまあまあ。UVカットだし、かけた感じもウルトラマン。

ミラーな感じがちょっと気に入らないが、贅沢はいうまい。

明日は1日雨。

日曜日は少しぐらい走りたいな…。

今日の献立
朝:ピザトースト
昼:サラダと野菜炒め
夜:サンマとサラダ

体重、75.6kg
体脂肪率、26%




ポジション?

ライディングのポジションがまったくわからない。

サドルの高さと前後位置やクリート位置はネットで紹介するまんま合わせている。

股下寸法×係数=サドル高さなので、股下が76cmの私はとりあえず0.88の係数で668.8mm。

サドルの前後位置は「クランクを水平にして、ヒザのお皿の中心からヒモを垂らし、ヒモがペダルシャフトと一致する位置」とあるので、そこに。

クリート位置は、拇指球位置よりもペダル回転軸が2~7mm程度後ろに来るように合わせるとあるのでそんな感じ。

そして、共通して言われているのは「後は自分の合う位置に微調整」

それが知りたい。

とりあえず「標準」で乗ってみるのだが、しっくりきているのかきていないのかわからない。

ルック車に乗っている時は、そんな事も気にした事がなかったので

とにかくサドルを高くして、ペダルの最下点の時に足が伸びきっているような状態で乗っていた。

それが一番力が入ると思っていたし、疑問に感じたことも無かった。

実際にバイクに乗ってみると、ペダルが最下点でも膝は曲がっている。

これでいいと言うのだから、まあこれでいいのかも。

いったいどれぐらいの距離を乗り潰せば、自分に合う位置というのが分かるのであろうか。

「自分に合う位置」というのはどのような位置なのか?

疲れない位置?速く走れる位置?痛くならない位置?

今は30分乗るだけで疲れるし痛いし速く走れない。

最初は痛かった手のひらも最近は少しぐらいなら痛くなくなってきた。

これが慣れるということなのか、乗り方が正しくなって来たのかわからない。

上級者やプロのレーサーは数ミリ単位の変化を感じ取るらしい。

慣れるまでローラーなどでゴロゴロしたいのだが、そんな高価なものは買えないし置く所もないので

実際に走ってみるしかない。

結局の所、乗りはじめて1〜2ヵ月では何も答えは出せないということ。

今のポジションは「標準」。

これからも毎日乗り続け最適なポジションを見つけに行こう。


同時企画、ロードバイクで痩せる

自転車でダイエットを掲げてからまだ1日なので大きな変化はないが

今日から食事メニューも大幅に見直した。

野菜スープに鯖の焼いたやつ。全部で600カロリー。

お昼は家で焼いた減塩・減糖のパン。全部で600カロリーぐらい。

朝を食べるようにした。サラダと果物。400カロリー。

成人男性の1日の摂取カロリーより少し少ないくらいだが急激に減らすよりこれぐらいから始めた方がいいだろう。

血液の脂質のことがあるので、食事量より内容が重要と考えた。

炭水化物を少し減らし、油っこいものを極力食べないようにしたい。

運動は自転車の他にウォーキング5kmぐらい。

40分程度だけどやらないよりはマシな程度。

後は多少の筋力も付けたいので、簡単な筋トレ。

腹筋と腕立て、懸垂だけ少しやる。

少しでいい。毎日やろう。


今日の体重76kg。体脂肪率27%

サイクリングは痩せるのか

自分は体重が76kgある。

身長172cmに対してこれは立派なメタボリックである。

何度かダイエットに挑戦しようと試みて、失敗してきた。

1日20時間は座って仕事するデザイナーなのだからいたしかたないのだが、

それでもなんとかしないといけない。

先日、毎年行っている人間ドックに行って来たところ

正真正銘のメタボリック認定を受けた。

体重76.4kg
BMIは25.9
肥満度は17.5
体脂肪率は27.5!

27.5!1/4以上アブラではないか!

太り気味ならまだしも
中性脂肪334(正常は149以下)
総コレステロール316(正常は140〜219)
HDL44(正常は40〜99)
LDLが180!(正常は139以下)

血がドロドロなのはいただけない。

一応子どもたちが成人するまでは後10年ある。

10年は生きていたい。

少しダイエットを始めよう。

幸い私には自転車がある。

ランニングするとガラスの膝がきれいな音を立てて割れるので、サイクリングはちょうどいい。

調べてみるとサイクリングのダイエット効果は結構あるらしい。

運動の消費カロリーを計算するのにはメッツというのがある。

安静時を1として、その何倍の運動強度かを示し、1時間あたりの消費カロリーは

メッツ×体重(kg)×1.05という公式で求められるらしい。

ランニングだと10メッツは時速10km/hのラン。

1時間を走り続けるのは大変だが、自転車で1時間走っているのは苦にならない。
時速25kmぐらいで自転車を1時間走らせると10メッツぐらいらしい。

これなら自分でも出来るのではないか?

ランは足を地面に着いた時に2.5G、つまり体重の2.5倍の衝撃がかかるらしい。

しかし自転車は足をぐるぐる回しているだけなので衝撃は無いに等しい。

さすがに毎日1時間、自転車に乗り続けるのは仕事的に無理だけど少しでも乗ろう。

きっと早く走れるようにもなるに違いない。

10kg痩せるということは、バイクの10kg軽量化と同じ事ではないか。

バイクを1kg計量化するために10万円が必要なロードバイクの世界。

10万円で10kgのバイクを7kgに軽量化するためには、後30万円が必要になる。

ということは10kgダイエットすれば100万円のおトクである。

500g軽量化するためのホイールは今は買えない。

500gのダイエットは今日から始められる。

さあ、自転車に乗ろう!

燃料も見直そう!

きっと夏にはピチピチのレーパンがぷりぷりのレーパンになるに違いない!



インターマックススポーツレイズ

そういえばいつも愚痴ばかりで自分のバイクの紹介をしていない。

愚痴が多いブログなのは仕方が無い。

普段自分は愚痴を言わないようにしている。

いい格好しいだから。

家では恐妻家で、中学の娘にも気を使っている。

小5の息子ぐらいしか手下はいないが、おそらく後2〜3年で小言も言えなくなるに違いない。

小さな会社の経営者であるが、従業員にも気を使っている。

友人は元々多くない。人が嫌いというわけではないが、できれば1人で過ごしている方が好きである。

だから自転車に1人で乗っているのに幸せを感じる。

いままでハマらなかった方が不思議。

そうそうInter Max Sports Rays。
intermaxrays2

近所のサイクルショップに行って薦められるまで知らなかった。

今中大介という人も知らなかった。

このバイクの第一印象は「地味なバイクだな…」

であった。

というか他の連中が派手なんだよな。

それと重い!

計ったことはないが10kg以上はある。
アルミフレームは1600g。カーボンのフロントフォークは670g

まあこれは仕方がない。価格が価格なので最初から着いているパーツが重たいラインナップ満載。

とにかく安さに負けた。型落ちとはいえ、シマノティアグラ組。
intermaxrays5


intermaxrays7


intermaxrays9


ハンドル、ステムはFSA.
intermaxrays8


ホイールとタイヤはSHIMANO WH-R500とビットリア ZAFFIRO。
これが重たい軽く2kg超え。
intermaxrays4


シートとシートポストはPrologo KappaとFSA.
intermaxrays6
このように、なんとなく安くとも、可も無く不可も無くまとまっている。

90,000円という価格では充分だと思う。

ネットでレビューやインプレを見る。

とにかく記事が少ない不人気車。

だから数少ないオーナーを見ると親近感がわく。


いろいろブツブツと言ってはいるが実は結構気に入っている。

あまり他の人が乗っていないところも気に入っている。

地味で、特筆すべき点が無い所も気に入っている。

自分が地味だからぴったりだ。

毎日毎日眺めて乗って磨いている。

初めてのロードバイクだから大切に乗ろうと思う。
intermaxrays1






ロードバイクなんて安いもの

昨日のゴルフは105点も叩きました。

私、HC12です。ありがとうございます。きっとゴルフに向いていません。

そんな歴史的な大叩きの末、帰ってからポタリングでも、と思っていたのに家の用事を言いつけられて乗れなかった。

まあ1日芝生と砂の上で遊んでいたから仕方ない2児の父親。

ゴルフは仲間のクルマに乗せてもらって行っている。

人の運転する物は飛行機であろうと嫌いな自分なのだが、クルマが無いので仕方がない。

数ヶ月前まではVOLVO XC90に乗っていた。

その前はXC70。スバルレガシー、三菱JEEPとetc.

クルマが好きで、自然の中へ出かけるのが好きだった。

景気が悪くなり、会社の業績が悪化したため、従業員の首を切る前にクルマを解雇した。

年間の維持費を考えると仕方が無い。

車両のローンに60,000円。月々の燃料が30,000円。

各種保険に税金。駐車場の賃料、点検整備にパーツ代など考えると

年間ゆうに100万円は飛んで行く。

真っ先に解雇になるのは至極当然。
まだHONDAのFit(10年オチ)はあるが、これは営業車に使っているので手放せない。

45歳にしてマイカーのなくなった私が自転車を買ったのが最近である。

エントリーモデルのInterMax Sports rays 2010年モデル 90,000円。

これまでパーツ類を買いそろえ、15万円ほど使い、スッカラカンになってしまったが

クルマにかかる維持費を考えればまったくもって安いものである。

毎年、カーボンフレームのセットが3本買えてしまう。

コルナゴやタイムの高級バイクの完成車だって毎年買い替えられるのだ。

そう思うと超安い。

燃料代だってかからない。

エンジンはどこまでいっても自分自身なのである。

またガソリン代が上がっている。ハイオクはリッター160円をゆうに超えている。

リッター5〜6kmのXC90は、100km先の目的地へ行くのに3000円以上かかる。

自転車ならタダである。途中、メシは食うが…。

自転車は人に、地球に、お財布にやさしい究極の移動手段なのである。

しかしなぜクルマには平気でお金が出せるのに自転車には出せないのか。

やっぱり自転車(ロードバイク)はどこまで行っても趣味のものだから。

以前は自分も、自転車に100万円なんて考えられなかった。

でも今ならその価値も少しだけわかる。

だから嫁よ。100万円とは言わない。50万円のでいいから高級バイクを買っておくれ(血の涙を流しながら)。


興味は自転車へ

初めての100kmを目指していろんな用意をしたものの、朝6時の目覚ましで起きると雨。

途中で雨に降られるのはしょうがないとして、雨の中は走りたくないので、2度寝。

起きると9時。雨は上がってた。
午前中に少しでも走ろうと思って用意していると、子どもの勉強を見てくれと言われ断念。

自転車乗るのも家族の理解がいる。
なにせ個人的な趣味である。
明日はゴルフで家族と過ごせないので、100kmはまた来週挑戦しよう。春が来る。


明日はゴルフである。



ゴルフは30歳ぐらいに始めた。

最初はコンペに出るぐらいで年に2〜3回だった。
練習もコンペの前にするぐらい。

そんな期間が5〜6年。

ふとしたきっかけで真剣に取り組むようになる。

ライバルが出現したのである。
同じようにへたくそではあったが、二人とも負けず嫌いでもあったので熱心に練習を始めた。

100を切れるようになるとゴルフ場の会員権を買った。

自分の生まれは豊橋で、親父も会員権を持っていたかねあいもあって、名古屋からは遠かったものの新城市の新城カントリークラブの会員権を買った。

1年ほどでHC16に。月例競技も毎月参加していた。

その後、東名の名古屋〜岡崎間が頻繁に渋滞を起こすようになり、ゴルフ場に行くのも帰るのもストレスになったいたところ、仲間に誘われて岐阜県瑞浪市の山岡カントリークラブの会員権を購入。

ますますゴルフにのめり込み練習場へ通うとともに月例競技にも出る。

2年もするとHCは12になった。

年間に30回以上はゴルフ場に行き、毎日のように練習もした。

いつしかシングルを目指すようになっていた。

ヤフオクでクラブを探し、ゴルフショップを回る。

見る番組はゴルフネットワーク。

読む本はゴルフダイジェストとアルバ。

好きな漫画は風の大地。

ネットでレッスン動画を探し、アマチュアゴルファーのブログを閲覧する。

壁にはLPGAのカレンダーが貼ってある。

仲間との会話はゴルフの上達が中心である。


それがロードバイクに乗った瞬間から全てが変わった。

バイクショップにテンションがあがり、サイスポを購入。

好きな漫画は弱虫ペダルにシャカリキ、オーバードライブ。

ネットでローディのブログを閲覧し効率のいいペダリング動画で勉強。

壁にはツールドフランスのカレンダー。

そして今見ている番組はパリ〜ニースロードレース…。


毎日ゴルフが、突然毎日自転車になった。

自分が熱しやすい性格なのは分かっているが、嫁も苦笑いの豹変ぶりである。

なぜこんなに熱中させるのか分からないが、しかたない。

おもしろいものはおもしろい。

まだ25km/hの巡航もままならず、アベレージも20km/hたらず。

貧脚で体力も続かない中年親父だが、まだまだ乗り始めたばかりで、自転車の世界にも自分の興味も入口に入ったばかりである。

いつまでこの熱中が続くのかわからないが、もう少し楽しんでみようと思う。

明日はゴルフである。
せめて100は切りたいものだ(笑


小物を買おう

雨がしとしとしとしと…

せっかくビンディングペダルにしたのに走れない。

この雨が終わったらきっと暖かくなってたくさん走りにいけるのかも。

明日は午前中だけ時間があるから早起きして少し遠くまで行こうと考え、ヘルメット購入の残りを使って小物を買おう。
ツーリングに必要な物はなんでしょう。

街中のYsさんへ。

まずあれだろ。ドリンク飲むだろ。
ドリンクホルダー。
MINOURAの安いやつ651円×2。
IMG_0331.jpg
かっこいいやつもあったんだけどこんなシンプルなのが好き。
白を買う。

ボトルはCAMELBAK ボディウムチルジャケットボトル0.62L 998円
IMG_0329.jpg
ボディをぎゅっと押すとパフって口が開き中身が出る。
押さないとドリンクが出ないのでこぼす心配がなさそう。一応ロックもついているけど、走行中に解除するのは面倒なのでたぶんしない。

SHIMANOツールボトル。900円
IMG_0327.jpg
この時点でサドルバックなどを買うつもりがなかったのでこれにした。
ちょっと大きめだけどたくさん入るのはうれしい。

その中身。パンクしたら困るので
IMG_0328.jpg
予備のチューブとタイヤレバー。合わせて1500円くらいかな?
後で気がついたが、間違えてリムが高いわけでもないのにロングバルブを買っていた。
長いのでもいいのかしら?

この後、帰ってから早速付けてみる。
IMG_0332.jpg
こんあ感じ。ネジは付属のアルミの方を付ける。1gぐらい軽くなるw
ボトルを乗っけるとこんな感じ。
IMG_0333.jpg
どっか遠くへ行ける気がする。

ウチに元々あったパナレーサーのインフレータを引っ張り出してきたが
あら、意外にでかい。
IMG_0330.jpg

それよりも付ける所がない。

トップチューブしかないか?

インターマックスレイズはトップチューブの下にビヨーンとワイヤーが2本もむき出しになっているのでつり下げることができない。

仕方が無いので近所のケッタ屋にCO2のインフレータを買いに行く。
IMG_0364.jpg
意外に高い。2080円もした。もっと安くていいやつがあるに違いないが持っていて安心なので買う。

ついでにサドルバックコーナーに行くと
IMG_0363.jpg
ルイガノの小さなサドルバッグが500円で売っていたので思わず買う。

このお店は時々よくわからない価格設定をしていることがあるので、ごそごそ探しているとなんか掘り出し物が出るかもしれない。

ツールボトルにはアーレンキーのセットとチューブ、タイヤレバーを。
サドルバックにはインフレーターとワイヤーロックを入れよう。

インフレータは出かけた先でパンクすると大変なことになるからと少しお小遣いをもらった。
さあこれでお金は使い果たした。

ここまで用意すると早くサイクリングに行きたい。

でも明日は午前中は雨が残るらしい。

午後からは家族の用事があるのでサイクリングに行けない。

なんとか止んでもらえんだろうか…。




ロードバイクは危険だった

SPD-SLペダルとビンディングシューズで走行してみた。

3回転けました。



鈍臭さに泣きそう。

バーテープも破れて泣きそう。

ビンディングもガリガリ君で泣きそう。

ブレーキレバーもなんとなく内側に曲がる。これはグニっと直す。

ビンディングペダルのテンションを最小にしているため、足がくっついたままひっくり返ることはないものの
バイクだけバタンと倒れるのもかわいそうである。

そうはいっても45歳にもなって擦り傷w作りたくない。

まあ擦り傷で済めば御の字なんだけど。

そうそう今日は転けた報告ではなく、ビンディングのインプレのつもりだったのに
いきなり初日で3回立ちゴケするからまず転け報告になった。

これからビンディングにする人は参考にしないほうがいい。

私は人よりどんくさいためこのような事になる。

とにかくビンディングペダルは快適である。

基本、フロントインナーでクルクルクルクル漕いでいるのだが、フラペに比べて高速に回転しても足がぶっ飛んで行かない。

立ち漕ぎしても同様。

ただ、気持ちよく走っていると忘れる。快適さが勝って足がくっついている事を忘れる。

低速でフラフラして、ビンディングが外れないと恐怖である。

かかとを外側にひねる事によって外すのだが片足づつ練習が必要かも。

最初は右足をはめ(これはすんなり入る)、乗り出してから左足をはめようとするのだがこれが上手く入らない。

入らないまま次の信号にたどり着くこともある(笑)

やっとハマったと思ったら信号である。

よくロードバイクの信号無視を見かけるがあれはビンディングを外したくないのであろう。気持ちは分かる。

私は小心者だから信号は守る。なんか子どもに見られているようで守る。

やはり通勤には普通のシューズで通う方がよさそうかな。

深夜の公園でこれだから、通勤ラッシュの路上で転けたときの危険さと恥ずかしさは考えるだけであーっ!てなる。

週末は雨が降りそう。

今週も少し遠乗りしてみたい。
雨が降らなかったら。
もちろん無謀なビンディングシューズで。

ロードバイクは危険だから

ヘルメットを買いに行く。

嫁にビンディングペダルの説明をするとヘルメットを買うまで乗ってはいけんと。

もう予算の13万円を使い切り、給料日(お小遣いの日)までは買えないというと

ヘルメットだけは危険だから買ってあげると言われた。うれしい。

ヘルメットは高いものは安全性が高いとウソをいい、20,000円を持って自転車屋さんへ。

近所のショップはヘルメットがたくさんあるのだが、なにしろお店が雑多で整頓がされていなく

どんどんかぶって確かめるといったことが難しいので、今回は少し離れた大型チェーンのショップへ行く。

もちろんバイクで行くが、足下はSPD-SLペダルに普通のランニングシューズといった危険な組合せ。

このお店はここのところのブームでオープンしたショップだが、いつでも入るとテンションがあがる。


たくさんのヘルメットがある。

とりあえず特価の5,000円ぐらいのからかぶってみる。

値段が安いから死にましたみたいなことはないだろう。

かぶるかぶる。どれも大きな立派なキノコの山になる。

私は頭がでかい。

そこにキノコである。

大変かっこわるい。

安物探して文句言っていてはいけないが、一応かっこもつけたい。

少し予算の範囲を広げる。

OGK、GIRO、MET、KASK、LAZER…

どれもこれももっこりキノコになる。

自分の頭にはどれも合わないのだろうか…と思っていると

かっこいいの見つけた。
マトリックス
セレーブのマトリックス。

コンパクトに収まり、キノコにもならない。
頭の形にもぴったり。

お値段は、予想の遥か上を行く15,000円。

かぶったまんま悩んでいると、その並びにセレーブの別グレードを発見。
ブリッツ
セレーブのブリッツ。 13,000円

こちらもかっこいい。
マトリックスよりもシャープな感じもするし、2,000円安い。

買う。

自分のインターマックスは白なので白ヘルメットにする。

イタリアのメーカーらしい。自分の日本人の頭にもぴったり。

重量は210g。

後頭部のダイヤルで固定すると、あごひも無くても落ちないぐらいフィット。

早速かぶって帰る。

ヘルメットかぶっているとなんか恥ずかしい。

結局残ったお金でグローブも買っておく。
これまで軍手だった。
ヘルメット
まだ夜は冬用グローブでいい。

さあ、今晩はビンディングシューズで走ってみよう。

ドキドキする。



ロードバイクは金がかかる

雨で夜練できない。

でも夜走ると怖いんだよな…。

前と後ろもう1灯づつ増やさないと走れないかも。

あんな蛍のような光では曳かれてしまう。


この間のちょい遠乗りでビンディングの必要が出たので考えてみる。
でも果して本当にビンディングペダルは走りに効果があるのか?
乗った事がないのでわからない。

ネットを検索すると確かに効果的だと皆が言っている。
もうビンディング無しでは考えられないぐらいに書いてある。

ただ。街の中を走るには怖いのかもしれない。
立ちゴケの恐怖もある。

両足がくっついているなんて恐怖の極みである。
スノボをやるので両足を縛られている一体感と転けたらどうにもならない感じはよく分かる。
要は慣れのようなことではあるのだろうけど…。

あと、通勤にも使うのでビンディングシューズではいろいろと不都合が多い。
探してみるとSPDペダルなるものがあるらしい。
SPD

MTB用だけど反対側は普通の靴でも履けるからこれはいろいろ捗る。
便利なものがあるもんだ。

SPDペダルには専用のビンディングシューズが必要なので購入する必要がある。

靴のネットショッピングは失敗が多いので近所のショップに行ってみる。

しかし靴はたくさんあるのだがどれも足が合わない。

実は私の足は左が少し幅広。
右は普通のサイズでもいいのだが、左は4Eぐらいの幅が必要である。
昔から左に合わせるとかなりでかい靴を履かねばならず苦労した。

サイクリングのシューズはどれも細い。
シマノ、マービック、スペシャ、様々なシューズを履いたもののどれも合わない。

そこで店長が出して来たのがSPD-SL用のシューズ達。
カスタムフィット ロードコンペティションシューズといい、オーブンで温めた後、履いたまま
布団の梱包に使うようなバキュームをすると足にぴったり合ってしまう優れもの。
マウンテンバイク用のものと違い、歩けない。
自転車に乗っている人だけに作られたシューズ。
ビンディングが靴底に出っ張っている為、スケート靴を履いて歩く様な感じ。

でもそれぞれ高い。どれも35,000円ぐらい。
予算は後、今月20,000円しかない。
それでもタバコは控えないといけないぐらい。
ビンディングも買うからとても無理。
でも足が合わない…。

もうビンディング化は諦めていたところ店長が首を傾げながら持って来たシューズが一足。
SHIMANO SH-R300 なんと42,540円。シマノのシューズの中でも最上級に位置する部類。

しかし、貼ってあるシールに驚いた

セール 15,000円。

買う。
それがこれ
R300

シルバーでカッコヨス。
ビンディングもSLで。
SL105


105にした。6,500円

少し予算に足が出たが、おトク感がハンパ無いので無理した。

会計の時に店長がコソコソと
「誰があの値札貼ったんだ?」と裏で言っていたのだがどうやら間違いだったらしい(笑)

早速、カスタムフィットしてもらう

まずはインソールを温め、インソールを入れた靴を履いて足裏の型を付ける。
その後オーブンで靴を120℃ぐらいで温め履く。熱い。

ビニール袋に靴のまま足を突っ込み目張り。

掃除機のようなマシンでバキュームを行う。

ギリギリ足が締まる。痛い。
我慢我慢。

両足で30分ぐらいで終了。
靴でこんなことしたのは初めてである。

冷えるときれいに固まった。
履いてみて驚いた!

もう靴って感じじゃない。靴下って感じ。
いびつな自分の足にぴったりである。
ちょっと感動した。

ビンディングも付けてもらう。
付けてい時、常連さんも居たのでビンディングで立ちゴケしたことないか聞いてみた。

ベテランさんもお店の人も数えきれないぐらい転けたらしい。

慣れればいいかと聞くと、クルマが突然出て来た時など咄嗟のときは転けるらしい。
最近も転けたそうな。

ますます不安になる。

車道側には絶対転んではだめと言われたが、その咄嗟のときは無理じゃないか?

クルマの来ない公園でしばらく練習したという常連さんのアドバイスをもらい、
不安のまま岐路につく。

普通の靴で。

シマノのSOD-SLペダルは少し立て幅があるので乗りにくいものの
普通の靴でも乗れないでも無い。
ただ滑るので注意は必要だが。

通勤はすぐ近くなので、普通の靴で通勤しよう。
会社は街中である。

SPD-SLビンディングシューズ。
帰ってからくっつけてみるとこんな感じである。
ぶら下がり靴

ぶら下がる(笑)

靴底もこんなん。
靴底
出っ張ってはる(笑)

みんなこんなんでどうやって歩くのだろう?
コンビニにも行けないではないのか?

コンビニが清掃中でワックスでも塗っていたら、それこそヘルメットが大活躍であろう。

嫁にペダルを見せると
ヘルメットを買うまでビンディングシューズ禁止と言われた…(´・ω・`)

元々、ヘルメットは買えとは言われていたが
ロードバイクの用品はいちいち高いので全部は一気に揃えられないのである。

しかしヘッドライトと同じで保護保全グッズは最初に必要な項目であろう。

というわけでヘルメットを買うまでは試乗もできないのである。








ロードバイクに乗ってみる〜こんなに弱いのか

ちょっと長めの距離に挑戦してみよう。

昨日買ったWizardのインナーパンツ
インナーパンツ
3枚セットで5280円。安い。効果はわからない。
まだレーパン履いてぷりぷり走る自信がない。
ちょっと恥ずかしい。

まだ少し寒いのでインナーレーパンの上はユニクロのジャージ上下。

雨が降りそうだけど、お昼までには戻ろう。
9時に家を出る。

庄内川の河川敷を走り瀬戸市の方面へ。

まだ街中を走るのに抵抗がある。
LOOK車の時は歩道と車道を行ったり来たりしていたのだが、法令もあるし車道を積極的に走る。
しかし路側帯の狭い道はクルマに鬱陶しがられて怖い思いもする。
駐車車両をパスするのはもっと困る。

そんなだから交差点で赤になると歩道に乗りクルマをパスしたりしているので、さっぱりスピードに乗れない。

森林公園あたりまで来ると道幅も広がりクルマも減って来た。

気持ちよく走れると思いきや瀬戸市周辺では坂も増える。

登れない。

気持ちよく登れない。足が足りなくなる。

どうにも大腿四頭筋がぱんぱん。歯を食いしばって登る。

愛知県陶磁資料館前あたりではヘトヘト。自分の足の弱さに情けなくなる。

愛地球博公園で休憩。自転車を乗り入れて怒られる。
愛地球博公園
もう空どんより。雨降りそう。

タバコ1本吸って岐路につく。

タバコ吸っている時点で駄目なのかもしれない。

帰る途中で少しずつ雨になる。

なんとか本降りになる前に家に着いた。

足がしびれている。超ダルイ。

結局走行時間2時間59分

走行距離55.77km

av.19.0km/h

なんとも情けない遠乗りデビュー。
皆は100km、200kmと平気で乗っていると聞く。
あんな風に走れるようになるのだろうか?

自分はロードバイクに向いていない気がしないでもない。

しかし本来負けず嫌いの性格。コツコツ積み上げる努力も惜しまない。

いつか平気で100km200kmと乗れるようになるまでがんばろう。

とりあえず、ビンディングペダルとシューズを買おう。坂に強いらしい。
靴を変えただけでどうにかなるとも思えないけど(笑)

ロードバイクに乗ってみる〜初心者を実感

10kmほど乗ってみた実感。

とても疲れる。

そりゃMTBルック車に比べたら走るかもしれない。
でもこんなに疲れる乗り物なのか?ロードバイク。

自分が何km/hで走っているのかもわからないので
サイコン
サイコン買って来た。
予算が無いのでとりあえず一番安いやつ。
CATEYEのCC-VT210W Velo Wireless 2980円

10分ほどで簡単に着いた。

ステムに着けるのかハンドルに着けるのかわからないけどとりあえずハンドルに。

とりあえず乗ってみると驚いた。

巡航25km/hでいっぱいいっぱい。

30分ぐらい走って平均速度20km/h。

愕然とする。

自分の足の無さに。

現在、世界で一番遅いロードバイク乗りであろう。
そして、世界で一番疲れやすいロードバイク乗りである。

効率の良い乗り方やペダリングをネットで調べてみる。
たくさんのサイトで丁寧に教えてくれています。

まずポジション。

サドルの高さは、股下の寸法に0.88をかけて出た数値をBB(ボトムブラケット)の中心からサドルの上面にするらしい。

私の股下は76cm。

よってサドルの高さは66.88cm。
計ってみると67cm、お店で合わせた高さでほぼぴったり。

次はサドルの前後位置。

これは自分がどの位置に座るのが適切なのかわからないので、乗り込んでみないとわからない。なのでまた次回。

トップチューブの長さは510mmぐらい。

ステムの長さやハンドルの幅があっているのかどうかもやはり乗り込んでみないと分からない。
長い距離を乗ってみてから決めよう。

次はペダリング。
これは間違っていた。

早く走るためには思いギヤで走るものだと思っていた。
実は軽めのギヤでケイデンスを高くするのが、早く疲れないペダリングらしい。

クルクルクルクル。

では何回転ぐらい?70〜80rpm?



しまった。ケイデンスってすごく重要?
サイコンをケチって後悔。

しかたない。ケイデンス付きのサイコンは次回にしてとりあえず乗り込んでみなきゃ…。

明日はもう少し遠い距離を乗ってみよう。



ロードバイクに乗ってみる〜初心者だ

お店の人に見送られる

フラフラ発進する

当然フラペ


後ろで店長が叫んでいる


「内股!うちまた!」


もうそれどころではない

なんとも乗りにくい

そして不安定な乗り物だ


自転車は当然初めてではない

最近までMTBのルック車(笑)に乗っていた

正直、ルック車(笑)でもスポーツ自転車だと思っていた


こやつ(ロードバイク)はまるで違う

それは感動ではない


怖いのである



様々なローディーのブログを拝見してきたが

初めてのロードバイクデビューの日

皆、口を揃えて

「氷の上を滑るように走る!!」などと叫ぶ


想像していたものと違う乗り物だ



正直落胆した


シーズンの始まったUCIワールドツアーを見ていると

60km/hで疾走する彼らこそ「氷の上を滑るように走る」様である


まったくスピードが出ない

サイコンを付けていないため何km/h出ているのかも分からないが

おそらく20km/hぐらいであろう


手のひらが痛い

硬いタイヤから直接の振動が突き上げる


路側のギャップも怖い

すぐタイヤを取られる


そして疲れる



当たり前だといえば当たり前だが乗り方が分からない

ポジショニングも不明

何速で走ればいいのやら


勉強不足も甚だしいが

まったくの素人デビューであった


こんなものに乗り続けられるものなのか?

なんで100kmも200kmも乗っていられるのだ?


息子の補助輪外しの練習を手伝っている時、叱咤激励したものだが

だれか私を叱咤激励、アドバイスをしてほしい…


その日は10kmほど近所の河川敷を回って練習してみた

それなりに乗れるようにはなって来たものの非常に疲れた

手と腰が痛い

きっといろいろと間違っているに違いないが仕方が無い


今日初めてデビューしたのだから

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ロードバイク購入〜初心者へ3

そんなこんなで買ってしまった、ロードバイク

簡単なサイズ出し(股下計測)しかしていないが

サイズは合っているのか?

一度またがっただけである

試乗さえしていない

ネットを見ればサイズやポジションについては

最重要項目として書かれている

現車限りの大売り出しを買ったので

トップチューブの長ささえ知らない

しかし文句も言えない

何故かって?



文句が分からないのだ(笑)

何も知らないので専門家に任せるしかないのだ

病院へ行った老人のように

カリスマのいる美容院に行った田舎の女子中学生のように

任せるがままなのである


もう後には引けない


とりあえず最低限必要なものはネットで調べて来た

絶対にいるものだけは買ってゆかねば

まずライト。CATEYE HL-EL130の黒 2300円

34-98-11-mb1.jpg

次、テールランプ。赤く光るやつ。ブラックバーンのMars Click。1470円

00310058_1_M.jpg


後、必要なのはポンプかな?

24330.png
スペシャライズドAirtool HP Floor Pump。 4400円

家にあるポンプは、仏式に合わないのでどうしてもいる

他にも合ったのかもしれないが、進められたのでこれ

最後にロック

これはいる

盗まれたら泣く

look.jpg
EWP ハンディーロックDX EWP-LOCK02 ゴールド 1500円。

後々このロックは失敗した

老眼の上鳥目なので数字が合わせられないのだww

また次の機会に買い直そう…



この時点で保険代や登録料など含めて総額が100,000円

3万円余る


いや余ったわけではない

ロードバイクはこの後にお金がかかるってことを

思い知らされることになる…




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング