スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【伊吹山】ヒルクライム大会の応援は登山で【ヒルクライム】


日曜日は伊吹山ヒルクライムの応援に行ってまいりました


しかしただの応援なのにふくらはぎと膝上が猛烈な筋肉痛です

1404115.jpg

階段がきついです






4月10日は伊吹山ヒルクライム大会

1404116.jpg

過去に3回ほど参加しましたが

やっと自分がヒルクライムに向いていないことに気がつき

もう今回からは不参加にすることにしました



しかしSHOROsからリキさんたちも出場しますので応援をしなければ


そう応援といえばゴールでの最後のラストスパートの声援ですよ

14041131.jpg

しかし伊吹山は参加者以外は伊吹山ハイウエイ上に入ることができません




じゃあ裏から登ればいいじゃないか!

そう!サプライズで応援だ!



ということで徒歩で上ることにしました





SHOROs登山部発足!


広く部員を募りましたが

集まったのはたったの4人



部員

奥穂も西穂も軽々登った(20年前に)ケンさん


付き合わされた息子


よくわからないけど誘われたから来てみた登山未経験のマサさん

1404114.jpg

そして私




登山部は伊吹山ヒルクライム大会とは反対側の西側からアプローチします

1404112.jpg

標高差1100m

6,000mの行程です




7時にいつものメナード駐車場で大会前の皆さんを激励

リキさんにこーさん

路くんにたかじんさん


みなさん頑張って!上で待っているからね

1404117.jpg


7時38分登山開始

1404119.jpg

伊吹山のスキー場跡を登って行きます

11時半ぐらいにゴールする予定のみんなを迎えるために

11時の登頂予定です


さあ頑張って登りますよ

14041125.jpg


一合目8時

14041110.jpg

まだまだ元気な一同

14041126.jpg


三合目

14041141.jpg

このあたりでスキー場も終わり

暑い暑い

この時期はもう暑いぐらい


でも地上の気温は15度ぐらいだけど

頂上は5度前後


服装も難しいシーズンです

14041111.jpg


五合目9時19分

14041139.jpg

伊吹山は五合目にも自販機があって快適


日本の山はいいね

しかしここから上は結構な斜度とがれ場です


もう荒地の魔女が出てきそうな雰囲気

14041142.jpg

本来は雄大な琵琶湖を眼下に一望しながら上ることのできる伊吹山ですが

あいにくの天気です

14041113.jpg


このあたりでは元気なのは息子のみ


おじさんたち足の皮が剥け始めますww

1404113.jpg14041140.jpg

目の前に見える頂上がなかなか近づかないのね



10時半登頂

14041129.jpg

なんだかんだで3時間もかかってしまいました


以前夏に来た時はすごい人数の登山客に

駐車場からの観光客も加わりまともに歩けないほどの人でした


スカイラインも開通していないし

暑くも無く寒くもないこの時期の伊吹山は狙い目かもしれない

14041114.jpg

山小屋は空いていませんが





しかし今回はここで終わりではありません

120メートルほど下方の駐車場まで降ります


少し降りてくるとヒルクライムゴールの駐車場が見えました

14041120.jpg

登山者が見たら不思議な景色ですね




さてゴールを観戦

14041131.jpg

路くんや

14041116.jpg

たかじんさん

14041117.jpg

やすさんや

14041132.jpg

こでさんもがんばりました

14041135.jpg

こーさんとリキさんも無事にゴール

14041119.jpg

みなさん目標タイムをクリアしたようで満足そう

こーさんもタイムを大幅に短縮



イベントごとにやらかし皆をがっかりさせてきたこーさん

今回はがっかりさせないこーさんにがっかりだよ!!

14041118.jpg


さあ無事に応援もすませ

下山のヒルクライマーたちを見送ると我々も下山です

14041134.jpg

下りは快適な自転車と違い

登山組は当然徒歩で下らないといけません

14041136.jpg


特に重戦車のMASAさんや私は膝が悲鳴をあげるため下りが苦手です

1404111.jpg

食事をさっさと済ませ


降ります

14041137.jpg

上りは多少なりとも目的がありますので

あっという間に登ってしまう感覚もありますが


もう下りは苦行でしかありません

14041123.jpg

足が痛い腰が痛い膝が痛い


結局2時間半をかけて下山


思ったよりも時間がかかりましたw



以前登った時よりも格段に疲れました






しかし登山も自転車のヒルクライムにそっくりですね

終わらない坂は無く

苦労した分達成感も多く

きっと大変だった分思い出も深くなることでしょう

14041128.jpg


雄大な自然を相手に戦い

美しい景色を眼下に収める登山も


自転車に負けず劣らず素晴らしい趣味だと思います

14041127.jpg


さて今後の登山部の活動予定ですが





廃部となりました

14041138.jpg








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへいいね!







スポンサーサイト

【駒ヶ岳】久しぶりの登山で筋肉痛【ロープウェイ】

今年のお盆は雨でやられましたね

予報はことごとく寸前で変わり


出かけようと思えば雨


出かけるのを止めれば晴れ


じゃあって強行して出かけると濡れ…



サイクリストには酷な夏休みでしたw



結局私もしまなみ海道の旅行はキャンセルし


実家に自転車で帰って…もキャンセル


近所をポタポタしてきました

息子とぶらぶらしたり

14081813.jpg

なんとなくチタイチしたり

14081814.jpg


これから秋にかけていいシーズンになってほしいですね





さて駒ヶ岳登山続き

1408182.jpg


さっぱり頂上につかない

1408183.jpg

何しろまったく前知識もない状態で来てしまったものですから余計に疲れます


子供達は先に行っては待ってますw

1408184.jpg

やはり軽さは正義だなww



到着

1408186.jpg

疲れたw


遠くに御嶽

1408185.jpg

乗鞍や槍ヶ岳なんかも見えます


南アルプスと富士山

1408187.jpg


ええとこやなぁ〜

お手軽だしw



軽くご飯を食べたら

14081818.jpg

下山

1408188.jpg


尖った岩は宝剣岳2,931m

1408189.jpg

このまま帰るのももったいないな…


登る人!


息子だけ挙手

行くべ!

14081810.jpg

う…思ったより険しい…

息子はひょいひょい

14081817.jpg

高所恐怖症の私は大変ww


へっぴり腰とはこのこと

1408181.jpg

岩肌にへばりつきながらなんとか登頂

怖いww

14081816.jpg


息子は平気みたい

14081815.jpg

ひょいひょい下っていきました



ちゃっちゃと下って

今日の宿へ

14081811.jpg

夕食も朝食も大変美味しかったです


結局次の日は朝から雨

中山道42番目の宿場「妻籠宿」に立ち寄って帰りました

14081812.jpg


次の日からふくらはぎがパンパンw

普段使わない筋肉が大変ww


あまり本格的な登山なんかはできませんが


本当に山はいいですねw


たまには行きたいです



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへいいね!


【木曽】初心者向きの山舐めたらあかんw【駒ヶ岳】

この前の中津川ライドの時

ブルックスを着けていたのですが(オルベアにw



雨に濡れたらふにゃふにゃになりましたww

もうでろーんって感じw

14081619.jpg

その後オイル塗って形を整えて

そんなこんな手間がかかりますが

あまり乗っていないにも関わらず

少しずつ尻の形がついてきました

1408161.jpg


左右でヘコミが違います


ペダリングのクセっていうか

背骨のゆがみって言うのかww



これが自分のオリジナルサドルになるって言われるゆえんですね


まだ1ヶ月ぐらいなので大した変化ではありませんが


大事に乗って私の尻型にしてゆきましょうw







我が家は毎年お盆付近になると家族旅行をしているのですが


今年は木曽駒ヶ岳登山です

14081620.jpg

木曽駒ヶ岳は長野県中央アルプスの最高峰


しかしロープウェイがあるため一足飛びで2600mまで上がれます

なので後は300m登山するだけw

なんてお手軽!!


散歩気分で3000mの天空ハイキングが楽しめますw


ほんまかいな?w




3時に自宅を出発

6時に菅の台バスセンターへ


バス待ちの長蛇の列

1408162.jpg

タクシーを予約していたので待たずに済みましたが

やはり凄い人気スポットです



6時45分にロープウェイの駅「しらび平」

1408163.jpg

まだ時間が早かったせいか10分ぐらいで乗車できました

1408164.jpg

7分で千畳敷カールへ

1408167.jpg

カールとは氷河の侵食作用によってできた広い椀状の谷のこと


向い側に南アルプスが一望できます

1408165.jpg

その奥には富士山がちらりw

1408166.jpg


7時20分登り始めます

ここへ向かいます

1408169.jpg

天気が良くて気持ちがいい

14081610.jpg

花もいっぱい咲いています

1408168.jpg

しかし名前はさっぱりわかりませんww

14081618.jpg




たかだか300mのヒルクライムですよ

14081611.jpg

普段からじゃんじゃん自転車に乗っているんですから


ちょいちょいっと登ってしまいますよwww









なにこれしんどいwww

14081612.jpg

本当に初心者向きのコースなの?w

意外にしんどいのは標高が高いからか?

14081613.jpg


登頂〜〜〜〜!

14081614.jpg

っと思ったらまだ先に頂がある…

14081615.jpg


まだあるのか…



登れ登れ

疲れた


登頂〜〜〜〜!

14081616.jpg

また違うw


中岳って書いてある

14081617.jpg


頂上どこやねん


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへいいね!


【伊吹山】徒歩ですが【ヒルクラ】

maaさんが来社されました

13070528.jpg

今現在使用していないアリオネを試してみてっ!って届けていただきました

ありがとうございます!(≧▽≦)


一緒にポイズンも持って来てくださいました

13070524.jpg

私がご用意しておかなきゃいけなかったのに…(´・ω・`)

いただきます!(≧▽≦)




早速着けてみた

13070526.jpg

近所を回るといい感じ


座面が長い

お尻が前後にいっぱい動く!

明日と明後日使ってみよう!




KOUさんが来社されました

13070529.jpg

桑名の方


名物の安永餅を手みやげに

13070525.jpg

好物なんです…うれしい

13070530.jpg

初めてお会いしたのですが

いい感じのお父さん

次は一緒に走りましょうね!!






チタイチの次の日

日本一予約の取れないレストラン並みに予約が取れない娘の日曜日の予約が取れたので

伊吹山にヒルクライムに行ってきました

13070512.jpg

徒歩で


伊吹山ヒルクライムといえば

何千というサイクリストが頂上を目指して上った滋賀県と岐阜県の県境にある霊峰

13050732.jpg


標高は1,377mであり日本百名山のひとつです


去年富士山に登る際

練習がてら伊吹山に登っておこうと計画を建てたものの

大雨のため断念

一年越しの登山となりました


標高差は1167m

6kmの行程です

13070521.jpg

富士山に比べたらちょろいもんだろう

ぐらいの感じでナイキフリーのスニーカーで


ウェアはなぜかサイクリングジャージw

ウィンブレもサイクリング用


背中にポケットがあるといろいろと便利なんだよな…



8時半にスタート

最初は森林を進みます

1307051.jpg

そういえばモンベルストアのお姉ちゃんが熊を見たって言っていたな…

1307052.jpg

森林の中を1合目へ

1307053.jpg

ここまでの距離が長いので心が折れそうになります


ゲレンデの中を進みます

1307054.jpg

この日は雲っていたのでラッキー

晴れていたら灼熱です

早速ヨメと娘は千切れます

息子と逃げに入りますw



ちょっとだけ森林を進んで

5合目

1307057.jpg

ここではドリンクが買えます

ちなみにトイレは4合目までに済ませておきましょうね


この先は雲で見えません

1307058.jpg

7合目はすっかり雲の中

13070510.jpg

これはこれで気持ちがいいかも

13070511.jpg

もうちょっとじゃよ

結構つかれましたが

息子は全然平気なようです

13070513.jpg

やはりヒルクライムは体重が軽い者が有利か



イブキアザミ

13070514.jpg

これはウツボグサ

1307056.jpg

2時間半ぐらいで山頂です


こんな山小屋ならぬ売店が建っています

13070515.jpg

カップ麺とコンロを持って行ったのですが

山頂はあまりにも寒く強風のため

売店で中華そばを

13070516.jpg

一応記念撮影

13070517.jpg

娘たちは3時間ぐらいで到着でした

山頂はこんな感じ

13070518.jpg

もうどこにいるのやら(笑)



山頂は寒いですしなんだかんだで1000mを越えるので

それなりの装備はして来ているのですが

山頂の駐車場までクルマで来ているサンダル履きの人と一緒になりますのでそのギャップがおもしろいw



さっさと降ります

13070519.jpg

降りる時には少しづつ霧も晴れてきました

13070520.jpg

結局往復で6時間ぐらい



でも自転車で上ったときの方がしんどかったかな(笑)


久しぶりの登山

とても気持ちが良く

到達したときの喜びは自転車で山を登った時と似通ったものがあります

登山も楽しいなぁ

ていうか登るのが好きやな(笑)




しかし余裕に見えたかの登山

次の日から筋肉痛に悩まされる…w

13070531.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへいいね!


【富士山】家に着くまでが遠足です【恐るべし】

nu.jpg

すみません。もうこれで終わります(笑)




やっとのことで登りきったものの、頭痛と疲労で感動もありません。

周りに何も無い状態に足下が落ち着きません。

穏やかな日でしたが、富士山の山頂は遮るものが何も無く、高所恐怖症の私には風が吹くだけでちょっと怖い。

900円のラーメンと

1207311.jpg

400円の缶コーヒーを飲んで下山します。

12073018.jpg

高いと思われる方もいるかもしれませんが、3700mを登って来た人間には妥当の値段に思えるのが不思議。


朝7時から登りはじめ、最悪でも8時間で登頂できるだろうと思っていたのが甘かった…。

結局、登頂までにかかった時間は10時間。いくら貧脚、高山病とはいえかかり過ぎです。

山頂滞在時間30分。

早々に下りはじめます。

12073019.jpg

下りは、「砂走り」という火山灰と小石の中を滑るように下る、富士山特有の下山道が待っているため、マスクとレッグカバーが必需品です。

下山を始めたのが午後6時前。

どう考えても、下に付くころには真っ暗です。

12073020.jpg

富士山が、夕日に照らされ大きな影になっています。


健脚の方なら3時間で下れる計算ですが、登りにこれだけ時間を要した家族なので何時間かかるか分かりません。


午後8時には辺りは真っ暗になり、周囲は漆黒の闇です。

こんな時間から下る登山客は少ないうえ、富士山は登山道と下山道を分離しているところが多いため、私たち家族だけが取り残されたように黙々と下って行きます。

超心細いんですけど。

1207312.jpg

それぞれのヘッドライトだけが頼りです。

道が合っているのかどうかもよく分かりません。


随分下ったと思ってもまだ7合目付近。

頭痛と吐き気は止みませんが、息子と娘も頭痛を訴え出したので、それどころではありません。

残った酸素を与えながら、足下の悪い中を滑るように下ります。

嫁も、先月骨折した足の指が痛み出しているようで、速度が上がりません。

娘も足の痛みと頭痛がひどい様です。荷物を持ってあげますが、大した助けにはなりません。

9時を回ったころ6合目付近に到着。遥か遠くに打ち上げ花火があがるのが見えます。それでもまだ花火は足下です。

富士山どれだけ高いねん(´・ω・`)

どんなに大変でも、だれも助けてくれません。

天気がよかったのが幸いです。

これで雨でも降られたら、大人なのに泣くところでした。



永遠に続くかと思われた、闇の行軍も登山道との合流地点で終わりが見えて来ました。

行き交う登山客。人の気配があるだけでもほっとします。

この頃には頭痛がウソの様に消えました。

血中に酸素が戻ったようです。


午後10時半。やっと五合目に到着しました。


全員フラフラです。やっと降りられたというのに、また感動もありません。


さらに、通常いるはずのシャトルタクシーが来ません。

他の下山客と寒い中、1時間近くタクシー乗り場で待たされる始末。


結局、ホテルに付いたのは深夜1時。

家族全員死んだように眠りました。


富士山は大変でしたが、家族全員無事に帰って来れたことがなにより嬉しいです。

無計画なお父さんに付き合ってくれてありがとう。


今回の反省点としては、絶対山小屋で一泊しておけってことですが、年間30万人以上がのぼる富士山の登頂率は70%だそうです。9万人の方が、天候不良や高山病などで断念されるようです。

そう思えば強行軍で、貧脚の一家がよく登ったなと思います。



もう2度と富士山には登らないぞと話していた帰り道。



不思議なもので、あれから数日経った今、「次はこうすれば楽に登れる」、「この装備があれば充分だ」などと辛かったことも忘れ、家族で話し合っています。

また行く気かい(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村












プロフィール

KTM

Author:KTM
お小遣い3万円の気の弱い親父が初心者ながらもロードバイクに乗り様々な出来事を乗り越えて行く人生ポタリングブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ♪
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。